競輪コラム

【最強予想師エントリーNo.2】井川 意高

デヴィ夫人から1,000万円のお年玉 最強予想師は誰でスカルノ?

WinTicketでは、2019年12月28日(土)から2020年1月4日(土)まで「デヴィ夫人から1,000万円のお年玉 最強予想師は誰でスカルノ?」を開催します!

デヴィ夫人から1,000万円のお年玉 最強予想師は誰でスカルノ?

デヴィ夫人から招待状を受け取り、最強予想師の座を懸けて争う「予想師」12名をご紹介します。
本ページで紹介するのは、予想師エントリーNo.2 井川意高さん

井川意高さん プロフィール

・1964年生まれ 55歳
・大王製紙株式会社 前会長
・東京大学法学部卒業

大王製紙創業家に生まれ、大学卒業後に大王製紙へ入社。
常務取締役、専務取締役などを経て、1998年に代表取締役副社長に就任。
取引先との関係改善やブランド戦略などによって大王製紙の家庭紙事業を黒字転換させた手腕が評価され、2007年に42歳という若さで第6代社長に就任。
2011年には社長を辞任し、会長へ。

これまでの的中実績は?

今回が競輪初挑戦となる井川さん。
東京大学法学部を卒業後、オーストラリアのゴールドコーストで初めてカジノを経験しました。
この時、いきなり100万円の元手を2,000万円に増やすという偉業を成し遂げます。

その才能を武器に、世界中から歴戦の猛者達が集うマカオの地で毎週のようにギャンブルの腕を磨き続け、トータルで注ぎ込んだ金額はなんと約106億円!
勝負所を見極めるその抜群の選球眼は、経営とギャンブルによって極限まで研ぎ澄まされ、徹底的に勝利にこだわる強い意志との相乗効果により、井川意高という人物を稀代の勝負師へと昇華させました。

そんな井川さんが、競輪という新たなフィールドでどんな戦いを見せてくれるのか、非常に楽しみです。

AbemaTVレポーターはどうみる!?

<ここに画像の説明をいれてください>

こんにちは!AbemaTVレポーターの湯本雛子です!

カジノでの実績を伺った際は、かなりの衝撃でした!
いままでとはスケールの違う「勝負勘」「勝負強さ」が肌で感じられるのではないか、今から緊張してきてます・・・!

井川さんは12月30日のKEIRINグランプリ、1月2日、1月3日の3回出演です。
きっと「何か」が起こるはず…生で井川さんの予想が見えるのは相当レアなはずですよ!
貴重な機会をお見逃しなく!!

(湯本レポーター・筆)

最強予想師決定戦 出場予定

12月30日(月) 立川 GP 最終日
対戦相手は、 コロコロチキチキペッパーズさん、ぺこぱさん、納言さん

1月2日(木) 小倉F2 2日目
対戦相手は、 U字工事さん

1月3日(金) 小倉F2 最終日
対戦相手は、 ハマカーンさん

最強予想師の栄光は一体誰の手に!?

今回出場する予想師の多くをWinTicketミッドナイト競輪での出演経験がある芸人さん達が占める中、競輪ビギナーかつ実業家という異彩を放つ井川さん。
しかし、乗り越えてきた修羅場の数やスケールは他の追随を許さず、その力強い瞳には、勝利への飽くなき執念が宿っています…!

勝負の世界で己を磨き続けてきた男の生き様を、とくとご覧あれ!

記事をシェアしよう

関連記事