競輪コラム

【人気に応える】永塚祐子、町田太我が完全優勝で幕を閉じる

2020年5月15日(金)から3日間にわたり広島競輪にて開催される、ルーキーシリーズ2020 若鯉賞争奪戦(F2)。

A級チャレンジ戦のデビューを7月に控えた新人レーサー達が、一足先に同期同士での競走をお披露目する。

初日は、手がかりがほぼ競輪選手養成所での成績しかない中での予想であったため、難しさを感じたファンも少なからずいただろう。

本コラムでは、最終日L級、A級の決勝戦をダイジェスト形式で紹介する。

広島競輪ルーキーシリーズ2020 若鯉賞争奪戦 最終日まとめ

11R L級ガールズ新人決勝

このレースでの人気上位は、なんといっても堂々の養成所順位1位かつ初日、2日目と連勝で決勝レースに駒を進めている永塚祐子であった。次点では、養成所順位は11位と目立たなかったが永塚同様に連勝で決勝戦に進んだ青木美保が人気を集め、さらに今大会に出場している中では永塚に続く養成所順位だった下条未悠と永禮美瑠が続いた。

レースは序盤、青木が正攻法で誘導の後ろを取った。打鐘前から5番車・田中月菜が位置を上げ、先頭で風を切るとともに青木が番手にハマる形になりペースアップ。すかさず永塚がまくり上げ、初日に永塚と壮絶なもがきあいを演じた廣木まこが続く。赤板ホームを過ぎると、永塚のスピードが違い完全に2人が抜け出る形となり、ほぼ2人のワンツーが決まる気配となった。永塚は粘り強い末脚をみせ、廣木に差されることなく1着でゴール。廣木が2着に、3着には最終バックから自力でまくり上げた永禮が入線。人気を集めた青木は、最終バックで永禮・國村に包まれる形となり万事休す、残念ながら7着に終わった。

12R A級男子新人決勝

町田太我のスピードに脱帽するレースであった。予選競走とは違い、きれいに3 vs 3 vs 1 と分かれたライン。初手は町田太我-石原颯-谷元奎心が前受け。単騎の坂本紘規が間に入り、うしろに長田龍拳-青野将大-鈴木陸来の南関ラインがつづく。残り2周の青板ホームで長田が主導権を取りに先頭誘導員を切ると、町田はすんなりと譲り、車間を空けて様子を伺う。タイミングを計る町田であったが、3コーナーを上に駆け上がると、打鐘すぎから一気に加速。長田も合わせようとしたが、これは町田のスピードが段違いだった。一気にまくりると、番手の石原に1車身開けたままそのまま逃げ切り1着ゴール。ぴったりと続いた石原が2着。第二先行の形となった長田を最終ホームで差した青野が3着に入った。

--

終わってみれば、男女ともに前評判通り、上位人気がその実力を発揮し優勝した広島競輪ルーキーシリーズ2020。しかしながらガールズの廣木まこなど、将来が楽しみなダークホースの存在も発掘できた3日間になったのではないだろうか。

次のルーキーシリーズは5月29日(金)〜 31日(日)に小倉競輪場にてナイターでおこなわれる。次回も新たな才能の発掘に、ぜひ注目していただきたい。

ウィンチケット編集部
WINTICKET(ウィンチケット)のコンテンツ編集チーム。初心者でも0からわかる記事を150本以上執筆した他、グレードレースを中心とした「WINTICKETニュース」、ABEMA 競輪・オートレースチャンネルでの番組の見どころをまとめたレポート記事の執筆を担当。

記事をシェアしよう

関連記事