競輪コラム

適正組の青木美保が2連勝で決勝への切符をつかむ!【ウィンチケット競輪】

2020年5月15日(金)から3日間にわたり広島競輪にて開催される、ルーキーシリーズ2020 若鯉賞争奪戦(F2)。

A級チャレンジ戦のデビューを7月に控えた新人レーサー達が、一足先に同期同士での競走をお披露目する。

本コラムでは、2日目を終えて注目する選手を、L級・A級から2名ずつピックアップして紹介したいと思う。今日はいよいよ最終日、優勝を勝ち取るのは果たしてだれか?ぜひ注目していただきたい。

広島競輪ルーキーシリーズ2020 若鯉賞争奪戦 2日目まとめ

青木 美保

2日目は、6R L級ガールズ予選(第2走)に出走し、初日からの2連勝を決めた。
初日は下条 未悠(げじょう みゆ)や、永禮 美瑠(ながれ みる)といった上位人気を抑え1着をもぎとり、番狂わせを起こした青木。

養成所順位は11位と、21名の118期ではちょうど真ん中。祖父、父ともに競輪選手という家系に生まれたが、養成所に入るまで自転車の経験はなく、適正検査での合格だった。
2日目は初日の金星が果たして実力かどうか、ファンの注目が集まっていたが、終始落ち着いたレース運びを見せた。初日同様、前から2番手を確保すると、最終1センターすぎに後方からのまくりを察知するとすかさず番手から発進。前で粘る近澤 諒香(ちかざわ りょうか)を捕らえ、後続も振り切り連勝ゴールを決めた。

永塚 祐子

2日目は7R L級ガールズ予選(第2走)に出走し、盤石の強さを見せつけた。
レースは打鐘過ぎから永塚が主導権を取る展開に。このまま先頭で風を切る展開になってしまうかと一瞬ヒヤリとしたが、7番車の永禮が赤板ホームからカマシ先行。2番手の永塚に4、5車身ほど車間をあけ先行したが、永塚は落ち着いて追走。最終バックで捲り返すと、終始永塚を追走していた下条に差されることなく1着でゴールし、末脚の強さも示した。

町田 太我

2日目も最終12R 男子A級に出走。
昨日はラスト1周を豪快に逃げ切り驚異のスピードと粘り強さを見せつけた町田。今日は一転、初手は3番手に位置取り打鐘を迎えると、きっぷのよい先行をみせた中村 隆生(なかむら りゅうき)に乗る。脚をためつつ好機をうかがい、最終バックで一気に番手発進。持ち前のスピードで後続を寄せ付けず半周を先頭で風を切り、初日からの2連勝を決めた。

最終日の決勝は3車ラインの先頭を走る町田。地元開催とあって息まいているだろうが、本来通りの実力を発揮して優勝を狙ってほしい。

鈴木 陸来

2日目は11R 男子A級に出走。
いまもS級戦線で活躍する新田 康仁(静岡・74期)を師匠に持つ鈴木。男子A級の決勝進出者の7名のうち、養成所順位はもっとも下の35位。しかしながら今大会を2着、2着とまとめあげ、決勝の舞台に上がってきた。高校・大学と自転車競技で活躍しており、ポテンシャルは折り紙付きだ。

初日は打鐘からきっぷのよい飛び出しから町田の番手にうまくハマり2着。2日目は3番手をうまく確保し先行する選手を追いつつ脚をため、最終バックから発進。最後は長田 龍拳に差されはしたものの、試合運びの巧さも示した。
決勝戦への進出は大いに自信になっているだろう、もともとポテンシャルのある選手だけに、本来のチカラを出せれば結果はついてくるはず。

--

最終日は11R、12RでそれぞれL級、A級の決勝戦がおこなわれる。特にA級決勝は前2日間と違い、3 vs 3 vs 1 とラインを形成してのレース。117期・118期最初の優勝を勝ち取るのはだれか?注目していただきたい。

記事をシェアしよう

関連記事