オートレースコラム

オートレースのロトは初心者でも楽しめる!ロトの魅力や種類も解説

オートレースにも競輪のロト(重勝式)と同様、指定されたレースにおいて指定された順位を的中させることで高額な払戻金を得られる可能性のある車券が存在します。

ロトは、通常の車券では考えられないような高額な払戻金を受け取れる可能性があるため、宝くじのような存在です。
また、中には買い目を選んでくれる方式のロトがあるため、オートレースに関する知識がなくても簡単に楽しめるのも魅力のひとつです。

本記事では、オートレースのロトの魅力や種類について解説していきます。ぜひ本記事を参考にロトを楽しんでみましょう。

オートレース ロト

オートレースで高額な配当を手にできるロトとは?

オートレースにおけるロトとは、通常の車券のように1レースの予想を的中させる方式ではなく、指定された4レース~5レースの順位を当てる車券です。

当然、当てなければいけないレース数が多く、当てるのは難しくはなっていますが、最高6億円もの夢のような金額が的中するかもしれない夢のある買い方です。

以下では、そんなオートレースのロトに関する基礎知識について解説していきましょう。

ロトはオートレースの知識がなくても楽しめる!

オートレースにおけるロトの一番の魅力はなんといっても、オートレースの知識がなくても楽しめる点でしょう。

通常の車券を購入する場合は、「どの選手が勝ちそうか」「どのようなレース展開になるのか」などを自分で予想し、購入する車番を決定します。しかし、オートレースのロトの場合、種類によってはコンピューターが買い目を選んでくれるものもあります。

つまり、オートレースに関する知識が一切なく、自分で車番を選択する必要もないため宝くじ感覚でオートレースを楽しめるのです。

キャリーオーバー制度のあるロトも!

オートレースのロトには、キャリーオーバー制度が設けられている種類もあります。

通常の車券の場合は1レースごとの投票数に応じてオッズが決まり、的中した車券に対して払戻金が支払われます。そして、万が一的中した車券がなかった場合は、投票された車券(賭け式ごと)すべてに対して控除率を差し引いた金額が払い戻されます。

一方、キャリーオーバー制度が設けられているロトの場合は的中した車券がなかった場合や繰越金が発生した場合は、投票された金額がキャリーオーバー、つまり積み立てられます。

そのため、キャリーオーバーが発生した次の回は、「キャリーオーバー分+その回の投票金額の一部」が配当の対象です。

キャリーオーバー制度が設けられているロトの種類によっても異なりますが、最高で6億円もの配当が的中するチャンスがあるので、夢のある車券といっても過言ではないでしょう。

ロトはオートレース場で購入できない

オートレースのロトは、基本的にインターネット経由での発売になるため、「ロトを買いたい」と思ってオートレース場に訪れても購入できません。

ロトを購入するには、ロトを発売する各社の公式サイトで会員登録をおこない、購入します。そのため、オートレースのロトを購入したい場合はまず各社の会員登録および本人確認審査をおこなってください。

また、ロトの種類によっては定期購入ができるため、購入予約をしておけば、毎日決まった口数の車券を購入できるので便利です。

2014年には最高額の6億円が!

過去にキャリーオーバー制度のあるロトでは、2014年4月25日川口オートレース場でおこなわれたSG(スーパーグレード)レースの第33回オールスターオートレースで、オートレース史上最高配当額となる6億円が出ています。

このロトは最終4レース(9R~12R)の1着・2着すべてを当てる方式(2連単×4レース)なので、これを通常の2連単の払戻金と比較しながら、レースを振り返っていきましょう。

それぞれのレース結果とロトの残り口数、2連単の配当金額は以下のとおりです。

【9R】

  • 結果 2-8
  • 残り口数 156口
  • 2連単の払戻金:340円(1番人気)

レースは終始2番の中尾貴志選手のペースで進み、1周回から先頭をキープしたままゴールまで逃げ切りました。2位に入った8番の田中茂選手は後方からスタートすると、2周回で6位、3周回では3位に上がり、5周回で5番の早船歩選手を捕らえて2位に浮上。

結局、中尾選手は追い抜けなかったものの、2位をキープしたレースでした。

【10R】

  • 結果 7-1
  • 残り口数 3口
  • 2連単の払戻金:320円(1番人気)

レースは1番の桜井晴光選手が先頭に立ち、6周回まで先頭をキープします。7番の岩崎亮一選手は、1周回を後方からスタートすると、2周回で4位、3周回で3位、6周回で2位に浮上。

最終周回で桜井選手を追い抜いて、1着となったレースでした。

【11R】

  • 結果 6-8
  • 残り口数 1口
  • 2連単の払戻金:6,140円(23番人気)

序盤先頭に立ったのは、2番の佐藤摩弥選手。2周回までは先頭をキープするものの、3番の金山周平選手らに追い抜かれて4位にまで沈みます。

金山選手とともに2位まで上がったのが6番の桝崎陽介選手で、4周回で1位になると、そのまま1着でゴール。2位に入ったのは金山選手に競り勝って、6周回で2位に上がった8番の内山高秀選手でした。

【12R】

  • 結果 1-3
  • 残り口数 1口
  • 2連単の払戻金:6,620円(26番人気)

優勝したのは、1周回から先頭に立った浜野淳選手でそのままゴールまで1着をキープ。2位は、3番の木村武之選手と4番の青山周平選手が3周回まで競り合いをおこない、4周回で振り切った木村選手が、2番の浦田信輔選手と5番の中村雅人選手の追い上げを振り切ってそのままゴールしました。

コンピューターが自動的に番号を振り分けるので、的中は運任せの要素も大きいのはたしかです。

しかし、通常の2連単を購入していた場合、それぞれを1口ずつ購入していれば13,420円なので、ロトが的中した人は約45000倍の配当を受け取ることができた計算となります。

オートレースにおけるロトは重勝式投票券

オートレースのロトは、一般的な車券とは的中条件が大きく異なります。

一般的な車券は、各レースの1着を当てる単勝など7種類ですが、ロトではそれぞれの種類に応じて指定された着順を当てる重勝式という方式です。また、「最終4レース」「最終5レース」のように指定されたレースを的中させることもあり、ロトの投票券は「重勝式投票券」と呼ばれます。

以下では、現在のオートレースのロトで発売される「5重勝単勝式」「4重勝単勝式」「4重勝2連勝単式」の種類ごとにその方式を解説していきます。

5重勝単勝式

5重勝単勝式とは、連続した最終5レースの単勝を的中させる方式です。

この方式のロトの場合、12レース制であれば8R~12Rの1着となる車番を自分で予想して投票します。

4重勝単勝式

4重勝単勝式とは、連続した最終4レース(12レース制であれば9R~12R)の単勝を当てる方式です。4重勝単勝式のロトは全部で4096口ですが、4096口すべてが発券された時点で1組となり、投票が成立します。

当選確率は最大4096分の1で、必ず誰かが的中する仕組みのため、キャリーオーバー制度は設けられていません。

4重勝2連勝単式

4重勝2連勝単式は、連続した最終4レース(12レース制であれば9R~12R)の1着・2着の順位を順番どおりに当てる方式です。

当選確率は約983万分の1という途方もない確率ですが、キャリーオーバー制度が設けられており、最高6億円のチャンスがある宝くじ感覚で楽しめるロトのひとつです。

まとめ

オートレースのロトを大きく分けると、「5重勝単勝式」「4重勝単勝式」「4重勝2連勝単式」の3種類。種類によって的中条件・的中確率・キャリーオーバー制度の有無が変わってきます。

最大6億円というのは夢のある金額ですが、簡単に的中できるものではないため、予算に応じて使い分けてオートレースのロトを楽しんでいきましょう。

記事をシェアしよう

関連記事