オートレースコラム

【保存版】オートレースの車券の買い方を徹底解説!はじめてでも迷わない

オートレースをはじめてみたいけれど、「車券の買い方がわからない」と悩んでいる方も多いのではないでしょうか。

車券の買い方がわからないと、投票するつもりではなかった車券を投票、もしくは予定より多く車券を購入してしまったということもあるかもしれません。

そうなると、せっかくのオートレースも楽しめなくなってしまうでしょう。

そこで本記事では、はじめての方でも迷わないよう、オートレースの車券の買い方を解説していきます。ぜひ、参考にしてみてください。

オートレースの車券の買い方3ステップ

オートレース車券購入場所

難しそうに思えるオートレースでの車券の買い方ですが、大きくわけてステップは以下の3つ。

  • ①通常の投票カードを取る
  • ②オートレースの結果を予想して車券を選択
  • ③窓口やインターネットなどで車券購入(投票)

なお、オートレースでは車券を買うことを「投票」といいます。

そのため、オートレース場で車券を購入する窓口は「投票窓口」、電話やインターネットで車券を購入するときはそれぞれ「電話投票」もしくは「インターネット投票」というように呼んでいます。

「投票ってなに?」と思う初心者は、覚えておくとよいでしょう。

以下では、車券の買い方の各ステップについてご紹介します。

ステップ①通常の投票カードを取る

車券の購入は窓口でも可能ですが、自動投票機で購入するようになっています。その際は、マークシートの投票カードが必要なので、取りにいきましょう。

そして、投票カードは2種類あります。

  • 1.通常の投票カード
  • 2.ながし・ボックス用

ながしとはいずれかの着順を固定し、それ以外の着順を全とおり選ぶ投票方法です。1着のみ固定して2着と3着を全とおりにした場合は、最大42とおり(7×6)となります。

また、ボックスとは投票したい車番を選択し、すべての車番の組み合わせを投票する方法です。同じく三連単で7車番を塗りつぶした場合は、210とおりの組み合わせ(7×6×5)。最低1とおり(三連複)~最大336とおり(三連単)の投票が可能です。

「ながし」や「ボックス」は最大42とおりもしくは336とおり購入できる買い方なので、初心者にはハードルが高いかもしれません。

はじめてオートレースの車券を投票するのであれば、通常の投票カードを選んで投票しましょう。

ステップ②オートレースの結果を予想して車券を選択

投票カードを手にしたら、いよいよ投票する車券を選びます。

車券の種類については後述しますが、1位の車番のみを当てる方法・順位を問わずに当てる方法など、さまざまな車券の種類があります。

マークシートの記入はボールペンか鉛筆でおこないます。なお、車券の購入単位は最小100円からです。

ステップ③窓口やネットなどで車券を投票(購入)

マークシートの記入が終わったら、いよいよ車券の購入です。オートレース場もしくは場外売場の窓口で記入した場合は、自動発払機にマークシートを通して、お金を入れると記入したとおりの車券が出てくるので、車券を受け取ると完了です。

そのほかに、電話投票やインターネット投票でも投票できますが、事前に手続きが必要となります。

電話投票やインターネット投票は銀行口座があれば年会費無料で登録可能ですが、本人確認審査などもあるため注意してください。

オートレースの車券は7種類

オートレース車番

現在、オートレースで発売されている車券は以下の7種類。

  • 単勝
  • 複勝
  • 連勝単式(連単・二連単)
  • 連勝複式(連複・二連複)
  • 三連勝単式(三連単)
  • 三連勝複式(三連複)
  • 拡大二連勝複式(ワイド)

投票する際は車券にあわせて、必要な数の車番(各選手の番号)もしくは枠番(振り分けられた色の対応した番号)を選びます。

選ぶ車番(枠番)の数は、車券によって異なります。いずれを選ぶとしても、それぞれの方法にあわせて結果の予想を楽しむことができるでしょう。

以下でそれぞれの車券の種類をご紹介します。

単勝式

単勝式はもっともシンプルな車券で、1着に入る車番を予想する車券です。記入時は「単勝」を選択して、1着の車番にマークします。

基本的にオートレースは8人で争うので、組み合わせは8とおり。単純な的中率は1/8です。

複勝式

複勝式は、1着~3着に入る車番のうちいずれかひとつを選びます。記入時は「複勝」を選び、1着のところに3着までに入ると予想したいずれかの車番をマークしてください。

ただし、欠場などの理由で出走者が7人以下になった場合は2着までに入る車番となるので注意が必要です。

単勝式と同じく基本的な組み合わせは8とおり。単純な的中率は3/8となります。

先ほども書いたとおり、出走者が7人以下になった場合は2着までです。そのため、出走者が7人だった場合の的中率は2/7となります。

連勝単式(連単・二連単)

二連単とは、1着・2着を順位どおりに当てる車券です。購入時は「二連単」と、1着と2着に車番をマークしてください。

組み合わせは56とおりなので、的中率は1/56となります。

連勝複式(連複・二連複)

二連複とは、着順に関係なく2着までに入る車番を当てます。購入時は「二連複」と、1着と2着に車番をマークしてください。

組み合わせは28とおりなので、的中率は1/28です。

三連勝単式(三連単)

三連単とは、着順どおりに1着~3着に入る車番を当てる方法です。購入時は「三連単」と、1着・2着・3着にそれぞれ予想した車番をマークします。

組み合わせは336とおりあるので、的中率は1/336。

的中率が低いかわりに高配当になる確率も高く、番狂わせが起これば10万円以上の高額配当になることもあるようです。

三連勝複式(三連複)

三連複とは、着順に関係なく3着までに入る車番を当てます。「三連複」をマークする以外は、三連単と同じようにマークしてください。

組み合わせは56とおりなので、的中率は1/56。

三連単ほどではありませんが、うまく当たれば二連単より上の高配当も夢ではないでしょう。

拡大ニ連勝複式(ワイド)

ワイドは、複勝と同じく3着までに入る車番を予想する方法です。ただし、複勝は1車だけに対し、ワイドではいずれか2車を車番で予想します。

組み合わせは二連複と同じく28とおりです。しかし、的中する組み合わせは3とおりあるので、的中率は3/28となります。

オートレースの車券の払戻方法

レース終了後は映像などを確認して、着順を確定させます。

着順が確定したら、電光掲示板にそれぞれ的中した組み合わせが発表されます。的中していたら、そこで発表された配当金が支払われるのですが、これを払戻といいます。

窓口で購入した的中車券の払戻については、以下のいずれかでおこなわれます。

  • レースがおこなわれたオートレース場
  • 臨時場外車券売場
  • 施行者が指定した場所(県庁・市役所など)

電話・インターネット投票で購入した車券については、会員登録時に指定した口座に振り込まれる形で払戻がおこなわれます。

なお、払戻の有効期限は60日間となっています。

車券の買い方をおぼえてオートレースを楽しもう

本記事では、オートレースにおける車券の買い方や車券の種類・払戻方法について解説しました。

実際の予想は雨や風の影響を計算しながら予想することが求められるので、とても奥が深く面白いでしょう。その奥深さや面白さがはまる原因になります。

しかし、車券の買い方自体はとても簡単です。

これまでに投票したことのない初心者は、ぜひ本記事で紹介した買い方や車券の種類を覚えて、オートレースの予想やレースそのものを楽しんでください。

記事をシェアしよう

関連記事