競輪コラム

モデル雀士・岡田紗佳、麻雀歴25年の大先輩・多井隆晴にダメ出し

Mリーガー2人が競輪予想に挑戦!

Mリーグ・渋谷ABEMASに所属するプロ雀士の多井隆晴とモデルでMリーグ・KADOKAWAサクラナイツに所属するプロ雀士の岡田紗佳が、Abema競輪チャンネルの『WinTicket ミッドナイト競輪 豊橋 F2 最終日 ニッカン・コム賞争奪戦』に登場。25歳の岡田が、麻雀の大先輩である多井をイジり倒した。

Mリーガー2人の共演となった今回の放送。番組開始から多井が「初めまして」とボケると「初めましてなわけないでしょ」と岡田がすかさずツッコミを入れるなど、お互いをよく知る2人ならではの軽快なトークが進んでいく。

仲良さげな2人だがお互いに我が強いようで、岡田は「お互いの話を聞かないことがあるんじゃないか」と番組の進行を心配する。多井が「こっちが気をつけるよ」と先輩らしい発言をするも、「どっちかというと私が改まるタイプかな。先輩ですしね、大先輩ですからね。先輩!」と岡田は多井に拍手を送る。これに「もう違う。そんな後輩いないもん(笑)」と笑う多井。「まぁ仲良くやりましょう」と番組は始まった。

2人の掛け合いはレースの予想中にもあり、1レース目に7番が堅いと予想した多井は「サファイアくらいカタイ」と宝石の硬度を示すモース硬度で例えるほど自信があることを強調するも、岡田は「多井さん(の例え)って結構鉄板(でやるネタ)で、ザリガニみたいに赤いみたいな。サファイアだと例えがピンとこない」と強烈なダメ出し。「公衆の面前でのダメ出しなのよ」とたじたじとなる多井だった。

2人のやり取りをみたAbemaTVの瀧山あかねアナウンサーは「いい関係ですね」としみじみ。「突っ込んでくれるのは僕としてもうれしい」と多井もまんざらではないようだったが、「徐々にみんな反応していかなくなりますからね」の岡田の発言に「そう……。そんなに厄介?」と心配になってしまったようだ。

気になる投票結果は?

サファイアくらいカタイと考えていた1レース目だったが、多井が押した7番は、ゴール前で力尽きて惜しくも2着。この結果を受けて岡田はすかさず「ちょっと待って! 何より堅いんでしたっけ?」。これには多井も「もうわかんない……なんでこうなんの?」と落ち込んでしまった。

その後も岡田の多井いじりは続き「麻雀と競輪どっちが好きですか?」との視聴者からの質問に「そんなの愚問だよ。競輪だよ」と答えた多井。岡田は「私はまだひよっこかもしれないですね。麻雀が楽しくて仕方ないです」と返すと、「それが普通だよ。それでいいんだよ。僕がダメなんだよ(笑)」と多井がフォローする。

岡田の「(麻雀を)やっている歴が違いすぎますからね」の発言に多井が「たかちゃん、プロ歴25年」と答えると、岡田も「私、年齢25歳」と返す。これには多井がさらに「イエス! 同い年!」とノリノリでかぶせた。

一方、競輪の結果はというと、2レース目で16倍の3連単と3レース目で6.6倍の2車単を的中させた岡田だったが、23,807pt(円)から21,553ptへと微減に終わり、回収率は87%となった。

(C)AbemaTV (C)WinTicket

ミッドナイト競輪
2011年から始まった深夜の時間帯に開催されている競輪の競走。全国の競輪場のうち小倉(北九州メディアドーム)、前橋(ヤマダグリーンドーム前橋)、青森、高知、佐世保、玉野、奈良、武雄、西武園、大垣、弥彦、別府、宇都宮、松阪、豊橋、松戸、川崎、伊東温泉、松山、函館、四日市の計21場で開催されている。基本的に各レース7車立ての7レース制で、第1競走の選手紹介は20時50分、最終第7競走は23時19分発走(一部の場で違いあり)。開催が深夜のため無観客で行われるが、ネット投票を中心に売上が年々伸びている。

WinTicket
株式会社WinTicketが運営する競輪投票サービスで、2019年4月にスタート。各競輪場でおこなわれる競争に投票が可能のほか、レースのライブ映像、AbemaTV競輪チャンネルで放送されるミッドナイト競輪にフォーカスしたオリジナル番組「WinTicket ミッドナイト競輪」も視聴することができる。各種ポイントキャンペーンや、AI予想などもある。

記事をシェアしよう

関連記事