競輪コラム

競輪場の特別観覧席は競輪の勉強にもおすすめ!快適な環境の特別観覧席を徹底紹介

白熱するレース展開が魅力の競輪。直接肌で雰囲気を感じられる競輪場での観覧は、ネットでレースを観覧できるようになった今でも根強い人気があります。目の前で繰り広げられる攻防戦に会場の競輪ファンは盛り上がりを見せています。

そんな観覧席のなかには「特別観覧席」と呼ばれる、贅沢な空間があるのをご存じでしょうか?
特別観覧席は無料で観られる席とは違い、その名のとおり特別な仕様になっています。

本記事では、特別観覧席とは一体どういう席なのか、また利用料金についても詳しく解説します。

競輪場の特別観覧席とは

競輪 特別観覧席

競輪場の特別観覧席は、ゆっくりレースが楽しめるような設備が充実しています。高貴なプライベートルームのほかにグループみんなで楽しめるような部屋も完備されています。

また、売店がすぐ近くにあったり払い戻しが特別観覧席エリアにあったりと競輪を楽しむ上では便利な空間です。無料の観覧席と比べて快適に過ごせるでしょう。

特別観覧席によっては競輪場内のさまざまな場所に設けられており、場所によってレースの見え方も変わってきます。

特別観覧席の料金はいくら?

特別観覧席が魅力的だといっても、利用料金が高そうと思い、利用を悩んでいる方も多いかもしれません。
しかし、すべての特別観覧席が高いわけではありません。
以下では立川競輪場の特別観覧席の料金を参考に、席種と場所などをご紹介します。

  • ロイヤルルーム:5,000円(場外3,000円)
  • 特別観覧席4F:500円(場外300円)
  • 特別観覧席3F:500円(場外300円)
  • 特別観覧席2F:500円(場外300円)
  • プレミアムルーム(グループ席):5,000円
  • プレミアムルーム(グレード席):1,000円

このように特別観覧席はけっしてすべてが高額ではなく、ガラス張りのメインスタンド側から全体を見渡せる特別観覧席は、500円以内で座席を購入できます。屋外とは違って空調がきいている室内で快適に過ごせるため、レースにも集中できるでしょう。

またプレミアムルームやロイヤルルームのように、入り口から高貴なオーラが漂っている特別観覧席もあります。値段も特別観覧席の10倍ほどすることもあり、受けられるサービスの内容も充実しています。
室内や自分のシート前にモニターがついているため、ゆっくりと席でレースを楽しむことが可能です。

設備や料金などの条件は競輪場によって変わるため、さまざまな競輪場を訪れて特別観覧席を利用してみるのも、競輪の楽しみ方のひとつです。

特別観覧がおすすめの競輪場は?

全国にある競輪場から、特別観覧席に定評がある競輪場をご紹介します。

【東京都】 立川競輪場

先ほど料金紹介で説明したように、立川競輪場の特別観覧席は数が多いのが特徴です。プレミアムルームやロイヤルルームは、ほかの競輪場にはないVIPな空間だと競輪ファンから好評です。充実したサービスが受けられるため、何度訪れても飽きません。

【東京都】東京オーヴァル京王閣

東京オーヴァル京王閣 特別観覧席
メインスタンドから全体を見渡せる座席(500円)のほかに、ロイヤル席(3,000円)では予想紙やビール、ソフトドリンクのサービスがついています。
東京オーヴァル京王閣の特別観覧席は、座席全体が開放感あふれるクリーンな印象です。一日中レースを楽しみたい日におすすめです。

【神奈川県】平塚競輪場

平塚競輪場
神奈川県平塚市にある平塚競輪場では、ロイヤルBOX(10,000円)があります。
食事やお菓子、ドリンクなどのサービスがついているため、ゆっくりとレースを楽しむことが可能です。
またタブレットによるキャッシュレス投票ができるため、席を立たずに車券が購入できます。

【静岡】静岡けいりん

特別観覧席のなかでも、より優雅に過ごせると好評なのが静岡けいりんの「富士山ロイヤルラウンジ」です。富士山ロイヤルラウンジでは、入会金や年会費不要でキャッシュレス投票カードがもらえます。入金、投票、払い戻しのすべてがこのカードで簡潔するため、座席から立つことなく快適にレースを楽しめるでしょう。
また投票ごとにポイントが貯まっていくシステムなので、お得に車券投票したい方にもおすすめです。

【長崎】させぼ競輪

長崎県佐世保市にあるさせぼ競輪では、スタンドの特別観覧席のほかにロイヤルルームとグループルームを完備しています。高級感あるソファー席で、ゆっくりとレースに集中して楽しめます。
また、特別観覧席のエリアでは無料Wi-Fiが使用可能なので、スマホなどでレースの情報やデータを集めながら競輪を楽しむことができるでしょう。

2020年8月現在は新型コロナウイルスの感染拡大防止のため入場を制限

2020年8月は、新型コロナウイルスの感染拡大を懸念して、レースの開催や座席を制限している競輪場がほとんどです。特別観覧席も例外ではなく、座席数の縮小を余儀なくされています。
特別観覧席のなかには、もともと座席数の少ない席種があるため、利用したい方はなるべく早めに入場券を購入しておくと安心です。

特別観覧席で競輪を楽しむ魅力を紹介

特別観覧席では、無料席にはない魅力が詰まっています。レース以外の部分にお金をかけるのはもったいないと感じる人もいるかと思いますが、特別観覧席を経験した人にしか味わえない贅沢な特典が満載です。

特別観覧席で白熱したレースを見ることで楽しさは倍増する

バンク全体が見渡せる場所や、白熱したレースを間近で観られる場所に座席があるのが特別観覧席です。そのため白熱したレース展開を見逃すことなく楽しめます。
自分の目でレースを楽しむことができるのはもちろん、個室内の特別観覧席ではモニター完備のため、自席でゆっくりとモニター観覧も可能です。

自分が投票しているレース、投票していないレースなど自分の観覧スタイルに合わせて楽しめるのも魅力のひとつでしょう。さらに選手と一体になってレース展開を楽しむことができるのは、特別観覧席の醍醐味です。

また、無料開放されている観覧席もありますが、場外のため夏は暑く冬は寒いのがネックとなります。猛暑日や雪の日など、天候によっては存分にレースを楽しむことができない日も少なくありません。

一方、特別観覧席は室内のため、快適な環境で集中してレースを観覧できます。天候に左右されず、落ち着いた空間でレースに熱中できるでしょう。

バンク全体が見られるので、初心者にもおすすめ

競輪場バンク画像

競輪初心者にとってバンクを見渡せない無料観覧席は、レースのことがわかりにくく、気づけば終わっていたということもあります。バンク全体を観られる特別観覧席は、競輪に慣れるためにもおすすめです。
選手の戦略や走り方が目で見てわかりやすいため、競輪初心者でも楽しめるでしょう。

また、競輪では最後2周が勝敗を分ける重要なポイントになります。序盤で戦略的に進められてきたレースの展開が一気に変わるためです。
初心者は最後の2周を見て流れを掴むことが大切となり、初心者にとってバンク全体を見渡せる特別観覧席は、今後のレース展開を予想するためにも役立ちます。

競輪場の特別観覧席で白熱したレースを楽しもう!

競輪 特別観覧席 レース画像

全国各地にある競輪場には特別観覧席が存在します。無料観覧席と違いバンク全体を見渡せる席や、優雅なソファー席にドリンクなどのサービスがついた席など、種類は豊富です。
また、競輪場によって設備やサービス、料金なども異なるため行き比べてみるのも面白いかもしれません。

白熱したレース展開を楽しめる特別観覧席は、競輪初心者から魅力を感じられる席です。
今よりもっと競輪を楽しむためにも、特別観覧席を利用してレースをも楽しんでみてはいかがでしょうか。

参考

記事をシェアしよう

関連記事