競輪コラム

KEIRINグランプリ2021 守澤太志選手に帝王・山田裕仁氏がインタビュー!

KEIRINグランプリ2021に出場する守澤太志選手。帝王・山田裕仁氏がグランプリにかける思いや心境をインタビューしました!


山田:守澤選手、2年連続のグランプリ出場が決まりましたね!

守澤:なんとか決めることができました、ありがとうございます。

山田:今年も賞金ランキング上位で選出されましたが、いまの率直な気持ちはどんな感じなんでしょうか?

守澤:今年の年初に立てた目標が、「どんなカタチでもいいからグランプリに出る」というものだったんですよ。それが達成できたのは、とてもうれしいですね。

山田:そう、一度でもグランプリを走ったことのある選手は、今年もまたあの場所で走りたいと願うものだよね。でも、「タイトルを獲りたい」ではなく「グランプリに出たい」から始まる選手というのは、けっこう珍しい気がするなあ。

守澤:いやもちろん、ビッグレースのタイトルは獲りたいですよ。でも僕は、タイトルを目指すようなところから選手生活をスタートさせていないというか。それもあって、たぶんほかの選手よりも、タイトルに対する思い入れが弱い気がしますね。

山田:とはいえ、今年ここまでに残してきた結果は、S級S班として胸を張れるものだと思いますよ。優勝は別府記念での1回だけだったけど、特別競輪ではコンスタントに上位争いをしていて。自分で振り返ってみて、どうですか?

守澤:初めてS級S班になって、その責任感をすごく感じながら走った1年でしたね。安定して強さを見せないとダメだというプレッシャーもありましたが、いい先行選手をつけてもらえるなど、番組面で恵まれる部分も多々あって。ここまでのトータルとして、ある程度は安定して走れたかなと自分では思います。

山田:そうだよね。S級S班という看板を背負うプレッシャーはあるけど、そのぶんメリットもある。守澤くんの場合は、番組的な有利さを感じる瞬間が多かったんだ。

守澤:追い込み選手だと、どうしても「前の選手次第」になってしまう面があるので。もちろん、うまくいかないときもありますが、その回数が減りましたね。

山田:それにしても、今年の特別競輪ではメチャクチャ安定してたと思うよ。最初に走ったのが2月の全日本選抜競輪(GI)だったけど、あそこでの3着で、今年もグランプリ出場が狙えそうだという手応えを感じた?

守澤:そうですね、いいスタートダッシュを決めることができました。グランプリ出場に関して、僕はやっぱり「賞金での選出のほうが可能性が高い」と思っているので(笑)。その積み重ねの第一歩として、いい結果を出せましたね。

山田:そういう意味では“落とせない”戦いだったのが、もっとも賞金が高いダービー(GI・日本選手権競輪)だよね。でも、残念ながら二次予選で敗退しちゃったじゃないですか。あそこでいい結果が出せなかったのは、かなり焦ったんじゃない?

守澤:ダービーはもう、とてつもなくデカイですからね。焦りも当然ありましたが、二次予選での敗退は自分がミスした結果なので、そこはもう仕方がないかなと。スパッと気持ちを切り替えて、次に向かいました。

山田:そして6月の別府記念では、捲った郡司くん(郡司浩平選手)の番手から勝負して快勝。直後の高松宮記念杯競輪(GI)でも、しっかり決勝戦まで勝ち上がって3着を確保。デキもよく、いいリズムに乗れていた印象だったね。

守澤:そうですね。高松宮記念杯競輪の決勝戦でも、絶望的な位置から3着までいけましたから。脚的にも調子が上がってきた感じがありました。

山田:ここで賞金を大きく上積みして、地元開催だったオールスター競輪(GI)でも決勝戦に乗って、再び3着。脇本くん(脇本雄太選手)がいて、かなり厳しい展開になると思われただけに、古性くん(古性優作選手)に敗れたとはいえ得たものは大きかったよね。

守澤:ハイ。でも、あそこで上位に食い込めればグランプリ出場に手が届く……なんて思っていたんですが、そんなに甘くはなかったですね。その後の賞金争いが熾烈すぎて、安心なんてまったくできませんでしたよ。

山田:しかも、寛仁親王牌(GI)はあっせんが止まっていて出場できないから、当然ながら賞金の上積みもできない。ある程度は計算に入れていたとはいえ、けっこうヒヤヒヤしながら過ごした1カ月だったということだね(笑)。

守澤:いやもう、メチャクチャ焦ってましたよ(笑)。10月はずっと、誰が優勝するのかとドキドキしながら過ごしてましたね。

山田:でも、競輪祭(GI)を走る頃には賞金争いの趨勢も見えてきて。グランプリ出場はおそらく大丈夫だろうという感じで出場したと思うんだけど、2日目で失格という残念な結果になってしまって。

守澤:そうですね、ちょっと後味が悪い感じになってしまって……。久々の失格だったので少し落ち込んだりもしましたが、いまはもう気持ちを切り替えて練習しています。

山田:でも、初日の走りからも守澤くんのデキはかなりよかったと思うし、落車もせずに済んだんだから、体調はまったく問題なさそうだね。グランプリの前に広島記念を走る予定みたいだけど、そこはとくに変更もなく?
※ひろしまピースカップ(GⅢ)前にインタビュー実施

守澤:ハイ、広島記念は走ろうと思っています。

山田:グランプリの前に何か実戦で試してみたいことがあるとか……そういった理由があっての出場なのかな?

守澤:簡潔にいうと“レース勘”を狂わせたくないんですよ。長期欠場明けなどでレースの間隔が開くと、追走のイメージがうまくできなくなるときがあるんです。競輪祭からグランプリまで1カ月以上あるので、昨年の経験も踏まえた上で、走っておいたほうがいいと判断しました。

山田:その期間で身体を追い込んでパフォーマンスの向上を目指す選手もいるけど、守澤くんの場合は、レース勘のほうを大事にしているってことね。

守澤:追い込み選手なので、レースの流れに乗れないことには勝負にならないですからね。自分の力を上げることよりも、そちらを優先したいです。

山田:ではそろそろ、グランプリでの「戦い方」について聞いてみようかな。先行選手がほしかったところだろうけど、北日本は今年も佐藤慎太郎選手との2人で挑むことになりました。佐藤選手とはもう相談されましたか?

守澤:慎太郎さんには電話で「よろしくお願いします」と伝えましたが、並びや戦い方といった詳細については、まだ何も決まっていないんですよ。僕自身も、どう戦うのがいいのかと迷っているところですね。

山田:守澤くんにまず聞いておきたいのが、今回も佐藤選手の後ろを固めるのかどうか。今年のビッグレースでは、すべて3番手だったじゃないですか。その流れからいえば、今回もそうなりそうな雰囲気ではあるんだけど……実際どうなのかなと思ってね。

守澤:慎太郎さんと並ぶのであれば、やはり今回も僕が3番手を固めるカタチになるでしょうね。選考順位も慎太郎さんのほうが上ですから(笑)。

山田:佐藤選手に「慎太郎さんの後ろから毎回のように抜いてますから、そろそろ僕が前というのはどうですか?」と聞いてみてもいいと思うんだけどなあ(笑)。

守澤:慎太郎さんと僕とでは、追い込み選手としての“格”が違いますからね。追い込み選手としてすごく尊敬していますし、やっぱり自分とは技術が違うなというのは、後ろから見ていて常に思っているので。

山田:なるほど、守澤くんは納得の上で3番手を回っているということだね。では前後はともかくとして……今回の出場メンバーなら「どこ」に付くのがいいと思う?

守澤:個人的にはやはり、僕も慎太郎さんもすごく世話になっている、郡司くん(郡司浩平選手)の後ろをイメージしますね。今年、他地区で何度も連係させてもらって世話になったのって、ダントツで郡司くんなんですよ。

山田:守澤くんが別府記念で優勝したときも、そうだったよね。とはいえ、今年は古性くんの後ろも空いているわけで。佐藤選手と並んで3番手を固めるよりも、分かれて古性くんの番手から勝負したほうが、お互いにチャンスがあるかもしれない。

守澤:慎太郎さんとの話のなかで、そういう話もちょっとは出たんですよ。僕自身、そういう選択肢もあるな……とは思うんですが、あまりしっくりこないというか。

山田:選択肢がなくても困るけど、あったらあったで悩ましいよね。では、レースの展開面については、守澤くんは現時点でどう考えてるんだろう?

守澤:いちばん警戒すべきが関東だとは、他地区の誰もが感じていることですよね。オール自力の3車が並ぶとなると、それこそチームスプリントのような「三段駆け」をやられて、終わってしまう可能性もある。ですから、誰かが行かなきゃいけないわけで……そこも一応は選択肢としてあるのかなと。ただ、その場合は自分が優勝できるかどうかが微妙になるでしょうし……難しいところですよね。

山田:いまの話を聞いてなおさら思ったんだけど、守澤くんからは「グランプリを絶対に獲ってやる!」という、強い意志みたいなものが伝わってこないよね(笑)。まあ、これが守澤くん「らしさ」なんだろうけど。

守澤:いや、もちろん優勝はしたいんですよ? でも、僕はそこまでの選手ではないですし……間違って獲っちゃうといろいろ大変そうじゃないですか(笑)。

山田:S級S班が背負う責任やプレッシャーを今年1年で知ったから、これでグランプリを獲ったらどうなるんだ……なんて考えちゃうってことか。いずれにせよ、守澤くんの気持ちが固まるには、もう少し時間が必要みたいだね。

守澤:ハイ。慎太郎さんと相談して共同記者会見までには決めようと思っていますが、いまはまだまだ迷っている最中という感じです。

山田:ちなみに、静岡バンクについてはどんな印象を持ってるんだろう?

守澤:昨年にFIを走らせてもらって優勝しているので、少なくとも悪い印象はありませんね。それ以来、一度も走っていないというのもあるかもしれませんが。

山田:じゃあ、あのバンクの特徴もなんとなくつかめているというか……うまく攻略できそうなイメージもあるってことだ。それは心強いね!

守澤:いや、じつは……僕ってバンクの特徴とかを捉えずに走ってるんですよね。直線が長いなとか、短いなというのを確認する程度で。それ以外はほとんど気にしていないというか、覚えていないというか(笑)。

山田:そういうこと!? もしかして守澤くんは「静岡バンクなら直線が長いから3番手からでも十分イケるな」なんて考えているのかな……と思って探りを入れてみたんだけど、ぜんぜん違ったね(笑)。

守澤:静岡バンクの直線が長いことを、いま山田さんの話を聞いて思い出しました(笑)。確かにそれなら、3番手からでも勝負になりそうですね。

山田:個人的には、北日本が分かれて古性くんや郡司くんをうまく動かしてくれたほうが、レースが乱れてチャンスが生まれそうな気がするけどね。優勝を目指して奮闘する守澤くんの姿を、ファンにぜひ見せてください!

守澤:ハイ。まだレースまで1カ月くらいあるのでモヤモヤッとしていますが、ここから気持ちをグッと入れていって、1着を目指して走ります!

山田:では最後に、グランプリへ向けての意気込みと、ファンへのメッセージをお願いしましょう!

守澤:グランプリ出場に向けた賞金争いが最後に後味の悪いものになってしまいましたが……そのぶんまでしっかりと仕上げて、優勝を目指して頑張りますので応援してください!


「KEIRIN GRAND PRIX 2021」公式特設サイトにて出場選手インタビュー公開中

ウィンチケット編集部
WINTICKET(ウィンチケット)のコンテンツ編集チーム。初心者でも0からわかる記事を150本以上執筆した他、グレードレースを中心とした「WINTICKETニュース」、ABEMA 競輪・オートレースチャンネルでの番組の見どころをまとめたレポート記事の執筆を担当。

記事をシェアしよう

関連記事

,