競輪コラム

寛仁親王牌とは?レース詳細や選手の選別方法について解説!

寛仁親王牌はG1レースのなかでも人気のあるレースであるため、毎年10月の開催を楽しみにしている競輪ファンも多くいます。

1990年から開催されており長い歴史を持つ寛仁親王牌ですが、選手選抜方法の条件が難しいため「どのようなレースなのか」「出場選手はどのように決められているのか」といった詳しいルールを知らない方も多いかもしれません。

そこで本コラムでは、寛仁親王牌のレース詳細や選手の選抜方法を詳しく解説していきます。寛仁親王牌がどのようなレースなのかを把握して、思う存分レースを楽しみましょう。

寛仁親王牌とは?

寛仁親王牌はG1レースのひとつで、毎年10月におこなわれるレースです。
通称「親王牌」として、多くの競輪ファンから親しまれています。

大会名は、このレースがはじめて開催された1990年当時、世界選手権自転車競技大会の名誉総裁だった寛仁親王のお名前に由来しています。その後1992年に、準特別競輪(現在のG2)に格上げされ、1994年からは特別競輪(現在のG1)になりました。

残念ながら2012年6月に亡くなられた寛仁親王ですが、生前は競輪をたいへん愛しておられました。1992〜2007年、2009〜2011年には、親王自ら表彰式で優勝者にトロフィーを授与されていたほどです。

2012年の寛仁親王牌は親王を追悼する大会として開催され、開会式で選手・関係者が揃って黙祷をおこない、大会期間には弔意を表すため旗を掲げました。

寛仁親王牌のレース詳細

寛仁親王牌では毎年、4日間の勝ち上がり方式でトーナメントが開催されています。2020年は前橋競輪場にて10月15日(木)~10月18日(日)に開催される予定です。

初開催時の会場が前橋競輪場であったことから、前橋競輪場で開催されることが多いのですが、青森競輪場弥彦競輪場での開催実績もあるため、固定開催ではありません。

寛仁親王牌の初日から最終日までの流れは、以下のとおりです。

  • 初日:1次予選として合計9レースがおこなわれ、各レースの1着・2着の18名が2次予選Aへ、3着・4着の18名が2次予選Bへと進出します。また、1次予選とは別に特別選抜予選として合計2レースがおこなわれ、各レースの1着・2着の計4名は2日目のローズカップと3日目の準決勝への出場権利を手に入れます。
  • 2日目:2次予選Bとして合計3レースがおこなわれ、1着・2着の計6名が準決勝へ進みます。2次予選Aも同様に3レースがおこなわれ、1着〜4着の計12名が準決勝へ進出します。また、2次特別選抜予選としてローズカップがおこなわれ、出場した9名はレースで失格とならない限り準決勝へ進む権利を得ます。
  • 3日目:準決勝として3レースがおこなわれ、1着〜3着の合計9名が決勝へ進出します。
  • 最終日:決勝がおこなわれ、ここで勝った選手が、寛仁親王牌の優勝者です。

このような激闘の4日間を勝ち抜いた選手のみ、寛仁親王牌の表彰台に立てます。2020年の寛仁親王牌ではどの選手が優勝者になるのか、気になるところです。

寛仁親王牌の出場選手選別方法

寛仁親王牌の出場選手選抜方法には年によって若干の変更があるものの、基本的には、以下の資格を満たしている正選手108人、補欠選手8人が選抜されます。

  • S級S班の在籍選手
  • 過去3回以上、寛仁親王牌で優勝した選手
  • 直近の世界選手権トラック種目出場選手
  • 世界選手権に準ずる国際大会トラック種目の1~3位入賞選手
  • 直近のアジア選手権におけるケイリン・スプリント1位選手
  • 過去の五輪自転車競技トラック種目のメダリスト
  • 選手選考対象期間において2ヵ月以上JCFトラック種目強化指定Aに所属した選手
  • 全プロトラック種目(ケイリン以外)の1~3位入賞者と、ケイリンの決勝進出者全員
  • 全プロトラック種目出場者のうち、平均競走得点上位者
  • 上記で108人に達しない場合は、地区プロトラック競技出場者から平均競走得点を考慮し推薦

このように、寛仁親王牌には厳しい出場条件が設けられています。レースに出場するだけでも名誉だといえるでしょう。

寛仁親王牌の過去の優勝選手

寛仁親王牌の過去5年の優勝者を紹介します。

2019年(第28回)村上博幸選手
2018年(第27回)脇本雄太選手
2017年(第26回)渡邉一成選手
2016年(第25回)稲垣裕之選手
2015年(第24回)園田匠選手
園田匠選手

優勝選手は実力者揃いで、S級S班への所属経験を持つ選手がほとんどです。

寛仁親王牌を楽しもう!

寛仁親王牌_バンク

今回は、毎年10月に開催される寛仁親王牌の詳細や選手選抜方法を解説しました。

寛仁親王牌は、競輪を深く愛された寛仁親王のお名前を由来とする、名誉あるG1レースのひとつです。ほかのG1レースと同様に4日間のトーナメントでおこなわれ、S級上位選手やオリンピック自転車競技トラック種目メダリストなど、一流の選手がぶつかり合う白熱したレースを楽しめます。

また、寛仁親王牌には厳しい出場条件が設けられているため、出場するだけでも名誉であり、選手にとっては夢の舞台であるともいえます。

2020年は前橋競輪場で10月15日(木)~10月18日(日)に開催されるので、今年は誰が表彰台に立つのか、どのような選手が優勝するのかを楽しみにしておきましょう。

WINTICKET(ウィンチケット)では、選手の情報や予想情報など、役立つ情報を簡単に確認できます。さまざまなデータを活用して、競輪をさらに楽しみましょう。
WINTICKET ライブ実況・中継ページ

参考

競輪のグレードレースって何?優勝賞金や出場者選抜方法など徹底解説!

「2019寛仁親王牌・世界選手権記念トーナメント」大会展望・注目選手

記事をシェアしよう

関連記事