競輪コラム

KEIRINグランプリ2021 古性優作選手に帝王・山田裕仁氏がインタビュー!

KEIRINグランプリ2021に出場する古性優作選手。帝王・山田裕仁氏がグランプリにかける思いや心境をインタビューしました!


山田:古性選手、グランプリ出場おめでとうございます!

古性:ありがとうございます!

山田:今年といえば、やはりオールスター競輪(GI)での優勝だよね。あれからけっこう時間が経過しましたが、当時を振り返って……どんな感じでした?

古性:初日から、近畿の後輩が本当に頑張ってくれて。そして決勝戦でも、脇本さん(脇本雄太選手)と一緒に走れて。本当に、ラインに助けてもらったなという感じです。

山田:なるほど。ラインの仲間に助けられての優勝だったと。

古性:そうですね。やっぱり“流れ”ってすごく大事だと思うんですよ。初日から寺崎くん(寺崎浩平選手)がいいレースをしてくれて、そこからいい流れに乗っていけたかなという感覚がありますね。

山田:そして決勝戦は、脇本くんの番手からだったじゃないですか。心強い仲間でもあるけど、同時に最強クラスのライバルでもあるよね。決勝戦を走る前から、脇本くんを抜けるようなイメージはあったの?

古性:う~ん……オリンピックを終えた脇本さんが、またどれだけレベルアップしているかわからないじゃないですか。だから決勝戦ではとにかく、しっかりついていくことだけを考えていました。

山田:そうなんだよね。脇本くんを抜かないことには優勝はないんだけど、そもそもついていけるかどうかが不安になるという(笑)。

古性:そうですね(笑)。脇本さんの後ろを走る場合は、番手の仕事をする云々の前に、まずはついていくのが「第一」ですよ。

山田:で、古性くんはそんな脇本くんを抜いてオールスター競輪で優勝したわけなんだけど、タイトルホルダーになってから何か変わった? 周囲の見方や環境なんかが、けっこう変わってくるものだと思うんだけど。

古性:いや、周囲も僕自身もぜんぜん変わらないですよ。オールスター競輪にしても、脇本さんに助けてもらって獲れたタイトルじゃないですか。だから、もっともっと力をつけて、周りから「自力でもタイトルを獲れる」と思ってもらえるようになりたいですね。

山田:古性くんとしては、もっと自力をつけたい気持ちが強いと。

古性:ハイ。自力でタイトルを獲れるくらいの力をつけて、その上で脇本さんと連係できるようになれば、またひとつ上のステージに進めるかなと思うんですよ。車間を切ったりだとか、番手の仕事ができるようになると、ワンツーを決められる確率もすごく上がるでしょうし。

山田:確かに、それができるようになれば「鬼に金棒」だよね。じゃあ、タイトルを獲って大きく変わったのは……こういう取材が増えたことくらい?

古性:いやもう、メチャクチャ増えました(苦笑)。そっちのほうが驚きですね。

山田:では、ここで今年ここまでを振り返っていただきましょうか。タイトルを獲ったというのが大きかったと思うんだけど、年間トータルでみるとどんな感じでしたか?

古性:今年がスタートした1月の段階では、まったくよくなかったんですよ。そして2月にはあっせん停止期間があって……そこで自転車を、1月まで使っていたものからガラッと変えたんですよね。フレームから何から何まで、以前と同じパーツがなにひとつないくらい大きく変えて。

山田:そこまで大きく変えてしまうと、なかなかしっくりこないというか……イメージ通りの走りができるようになるまで、かなり時間を要したんじゃない?

古性:練習で走ってみても、最初はいい感触がまったくなかったですね。でも、1カ月くらい経過した頃から少しずつ、「これでいけるかも」という手応えを感じ始めて。3月に入ってからレースに復帰したんですけど、そこからは自分のなかで、いままでの感覚とはまた違った“よさ”が感じられてきたんですよ。

山田:なるほどなあ。少し時間はかかったけど、結果的にいい方向に出たんだ。

古性:ハイ。面白い年になるかもしれない、今年はいい勝負ができるかもしれないなと思いましたね。

山田:今年の活躍には私も含めて、「近畿を牽引してきた」という印象を持っている人が多いと思うんだよね。古性くん自身としては、どんな感じなんだろう?

古性:う~ん……もっと引っ張りたかったなというのが本心でしょうか。僕の走り方や戦法的だと、ラインでのワンツーやワンツースリーを決めるというのは難しくて。

山田:確かに、古性くんは「徹底先行」という感じじゃないから、ラインを引き連れてきれいに決めるというのが、ちょっと難しかったりはするよね。

古性:そうですね。そこが今後の課題かなと思っています。

山田:グランプリに出場して、来年にはS級S班にもなるわけだけど、そのプレッシャーというのはすでに感じてる?

古性:いや、今までも自分は「近畿の選手」というプレッシャーをすごく感じながら走ってきたので……いい意味で変わらないんじゃないかと思ってるんですが(笑)。

山田:近畿の選手であることに、そこまで強いプレッシャーを感じていたというのは面白いね(笑)。S級S班の責任感やプレッシャーって、かなりのものだと思うからさ。

古性:来年になったらもっと正確にわかるんでしょうけど、いま感じているプレッシャーも相当なモノだと思うんですよ。だから、もしかすると「あんまり変わらないな」なんて思うのかもしれません。

山田:来年になってもたいして変わらなかったら、そういうことだよね(笑)。ではここからは、グランプリの話題に入っていきましょう。初めての出場になりますが、いまはどういった心境かを聞かせてもらえますか?

古性:そうですね、一発勝負のレースなので……これからもっとナーバスになっていくのかもしれませんが、いまは身体を追い込んでいく時期なのかなと思って、脚力を上げる練習などに励んでいます。

山田:ちょっと気になっているのが、最近の古性くんのコメントに「自転車と身体がマッチしていない」みたいな内容が多いということ。それは、自転車やセッティングに問題があるのか、それとも身体のほうがしっくりきていないのか……どうですか?

古性:それは「自分の身体がしっくりきていない」ですね。じつは、オールスター競輪が終わってから胃腸炎になって、そこで少しリズムが狂ったんですよ。脚を上げづらくなったりとか……それで繊細になりすぎたのかもしれないですけど、体重も落ちてしまって。体重を戻しても、お腹だけが出ているような状態で、筋肉が張っていないんですよね。

山田:身体の調子が落ちて、けっこうキツい時期があったということだね。そこからだいぶ時間が経過したけど、現時点ではもうすっかり調子が戻っている感じなのか、それとも「もうちょっと」という状態なのか、どっちなんだろう?

古性:競輪祭(GI)が終わってからも、自分が思い描いていたようには調子が上がってこなかったんですよね。それで「そろそろ上がってくれないと困るぞ」と焦っていたんですけど……本当にここ数日でようやくよくなってきて。正直、安心しました。

山田:それなら、デキについては心配なさそうだね。グランプリ初出場となる古性くんに、経験豊富な近畿の諸先輩方からのアドバイスなどはあった?

古性:アドバイスはメチャクチャ貰ってますよ(笑)。自分のイメージとアドバイスの内容がけっこう食い違っていたので、聞いてよかったですね。聞かずにレースにいってたら、危なかったかもしれないです。

山田:じゃあ、そのなかでもいちばん「教えてもらってよかった」と感じたアドバイスを教えてください。

古性:僕としては、身体がグランプリの1週間前に仕上がっていればいいかなと思っていたんですよ。でも、「もっと早くに仕上げたほうがいい」という話を聞いて。もし予定していた通りに仕上がらなかったら、そこからもう時間がないのに、焦って仕上げようとしてオーバーワークになってしまうと。

山田:間違いないね! 一発勝負の場合、練習不足とオーバーワークのどちらでいい結果が出るかといえば、練習不足のほうなんだよ。焦って調子を上げようとすればするほど、大事なレースで疲れが出たりと、悪循環に陥ってしまう。そういうことがないように、いったん早めに仕上げておいたほうが、気持ちに余裕ができるんだよね。

古性:ハイ、まさにそういうことを言っていただきました。それを聞いて、ハッと目が覚めた思いでしたよ。

山田:では、今年の出場メンバーや展開についても聞いていこうかな。細かい作戦についてなどはあまり言いたくないでしょうけど……レースの流れはもう頭の中でイメージできていますか?

古性:イメージは……まだ沸かないですね。というか、意図的にあまりイメージしないようにしている部分があります。競輪祭が終わってからそれをイメージしようとして、夜の寝つきが悪くなったんですよね。

山田:つまり、アレコレ考えすぎて(笑)。

古性:ハイ(笑)。で、それを考えないようにしたら、ぐっすり眠れるようになったんですよ。それもあって、展開や作戦については、レースにいったときの“感覚”でいいかなと思っています。

山田:出場するメンバーも決まって、レースの展開やそこで勝つための作戦を考える時間があっても、「あえて」考えないようにしてるということだ。

古性:そうなんですよ。普段から対戦相手も、当日に出走表を見るまでわからないようにしているくらいで。レース前にアレコレ考えるのではなく、そのときの直感や感覚を大事にして走りたいんですよね。

山田:でも確かに古性くんは、レースのなかで瞬時に対応できるタイプというか、流れに応じて走れるタイプだからね。普通の選手であれば展開を読んで、その対応策をあらかじめ考えておく必要があるんだけど……古性くんに限っては、その必要がないような気もするなあ。

古性:それに、また寝られなくなるのも嫌なので(笑)。

山田:じゃあ、出場メンバーのなかでとくに意識するような選手は?

古性:いや、もう全員がメチャクチャ強いので……全員が気になります。どういう展開になっても強敵しかいないですから、悔いを残さないよう、自分の出し切るだけかなと思いますね。ここまで隙がないメンバーだと、なおさらです。

山田:なるほど、よくわかりました! ここは単騎のケースもありそうだけど、その場合でも、存在感をおおいに発揮するような走りをしてほしいですね。

古性:ハイ、自分でもそれができたらいいかなと思います。

山田:では最後に、意気込みとファンへのメッセージをお願いしましょう!

古性:近畿は1人になってしまいましたが、いいレースができるよう一所懸命に頑張ります。応援してもらえればうれしいです!


「KEIRIN GRAND PRIX 2021」公式特設サイトにて出場選手インタビュー公開中

ウィンチケット編集部
WINTICKET(ウィンチケット)のコンテンツ編集チーム。初心者でも0からわかる記事を150本以上執筆した他、グレードレースを中心とした「WINTICKETニュース」、ABEMA 競輪・オートレースチャンネルでの番組の見どころをまとめたレポート記事の執筆を担当。

記事をシェアしよう

関連記事

,