競輪ニュース

【岸和田競輪G1・高松宮記念杯競輪】清水裕友が捲って西特選を制す「迷惑かけた」

<岸和田競輪場:高松宮記念杯競輪>◇G1◇11R S級西特選◇17日

清水裕友(山口)が捲り切って、人気に応えた。

清水と松浦悠士(広島)、小倉竜二(徳島)の中四国勢が人気を集めた西特選。早い仕掛けで先頭に立った松浦が主導権を握る。最終周回で古性優作(大阪)が発進すると、小倉のけん制も乗り越え、先頭に迫る。最終バックストレッチ、近畿勢の動きを見て清水が番手捲りに切り替えると、迫る古性を振り切り押し切った。

2車単は7番人気の2-5、1990円。3連単は15番人気の2-5-1、7140円という結果に。

▶動画:清水裕友が捲って人気に応えた11R

差し切った清水は、「二分戦っぽい感じだったので、(近畿勢に)粘られるかなと思った。松浦(悠士)さん様様で1着に来られた。(古性優作が)良い勢いで来ていたが小倉さんが止めたと思ったら、また加速していたので中途半端な出方になり、番手から出るという判断になりました。(リニューアルした岸和田バンクは)もともと岸和田を走った回数が少ないので、あまり何も思わない。(バンクは)重たく感じた。前検日に話し合って(松浦悠士と並びを)決めることが多い。自分自身、番手としては何も出来ずに前と後ろ(の選手)に迷惑をかけてしまった。とりあえず気合いを入れて、明日からも頑張ります」とレース内容を反省していた。

ウィンチケット編集部
WINTICKET(ウィンチケット)のコンテンツ編集チーム。初心者でも0からわかる記事を150本以上執筆した他、グレードレースを中心とした「WINTICKETニュース」、ABEMA 競輪・オートレースチャンネルでの番組の見どころをまとめたレポート記事の執筆を担当。

記事をシェアしよう

関連ニュース

,