競輪ニュース

【別府競輪G3・オランダ王国友好杯】郡司浩平が初日特選制す「冷静に判断できた」

<別府競輪場:オランダ王国友好杯>◇G3◇12R S級初日特選◇5日

郡司浩平(神奈川)が捲って初日特選を制した。

4場所連続V中の松浦悠士(広島)とG1全日本選抜を制した郡司が人気を二分した初日の目玉レース。打鐘前、新山響平(青森)が仕掛けて主導権を握る。打鐘とともに人気の松浦が捲りに出るも、郡司がブロック。最終バックストレッチで郡司が発進すると、守澤太志(秋田)のけん制も乗り越えて捲り切った。

人気の松浦が着外に破れたことで、2車単は6番人気の5−1、2060円。3連単は113番人気の5−1−9、2万8580円と高配当決着に。

▶動画:郡司浩平が初日特選を制した12R

初日特選を制した郡司は、「単騎の選手もいたのでそこだけ注意して、あとは前や後ろの動きを見て冷静に判断できた。(松浦悠士をブロックしたが)絶対にどこかで仕掛けてくると思ったので、あとは被らないようにと自分のタイミングで行こうとは決めていた。(新山響平が打鐘前から仕掛けたが)あそこから行けるかどかは自分の脚次第。行き切れているので、(脚の)調子は良いと思う。気を緩ませないように2日目以降も頑張ります」とレースを振り返った。

ウィンチケット編集部
WINTICKET(ウィンチケット)のコンテンツ編集チーム。初心者でも0からわかる記事を150本以上執筆した他、グレードレースを中心とした「WINTICKETニュース」、ABEMA 競輪・オートレースチャンネルでの番組の見どころをまとめたレポート記事の執筆を担当。

記事をシェアしよう

関連ニュース

,