競輪ニュース

成田和也が差し切り決勝へ「小原が思い切って勝負してくれました」/名古屋F1

<名古屋競輪場:スポーツ報知杯・味仙カップ>F1◇10R準決勝◇2日

成田和也(福島)が差し切り、決勝進出を決めた。

稲毛健太(和歌山)と高久保雄介(京都)の近畿勢に人気が集まった最初の準決勝。打鐘前、小原丈一郎(青森)が踏み出してレースをリード。一本棒の状態でレースが進む中、最終バックストレッチで6番手から人気の稲毛が発進。しかし成田に上手く合わせられてしまい捲り切れず、小原の番手で脚を溜めていた成田がゴール直前で差し切った。

2車単は9番人気の3−1、2590円。3連単は23番人気の3−1−4、8080円という結果に。

【動画】成田和也が差し切り決勝進出を決めた10R

決勝進出を決めた成田は、「(先行を務めた)若い小原(丈一郎)君が前で思い切って勝負してくれました。稲毛(健太)がサラ脚(脚力に余裕が残っている状態)で後ろにいたので、もっと勢いよく行かれるかと思い対応しようとしたが、意外に小原が良かったのかな。(バンクの)ホーム(ストレッチ)が重たいので小原もキツかったと思います」と連携した後輩に感謝した。

記事をシェアしよう

関連ニュース