競輪ニュース

村上博幸が差して決勝進出「連日、自力選手のおかげです」/豊橋G3

<豊橋競輪場:ちぎり賞争奪戦>G3◇12R S級準決勝◇30日

村上博幸(京都)が差し切り、決勝の切符をもぎ取った。

2連勝中の松浦に圧倒的人気が集まった最後の準決勝。早い仕掛けで松浦がレースの主導権を握る。最終周回、野原雅也(福井)が後方から発進すると、一気に捲り切り近畿勢が先頭へ。最終バックストレッチで人気の松浦が踏み出すも間に合わず、野原のマークについていた村上が差し切り勝利を飾った。

人気の松浦が3着に破れたことで2車単は1−7、2730円。3連単は20番人気の1−7−9、7180円という高めの配当に。

【動画】村上博幸が差し切り決勝進出した12R

見事差し切った村上は、「連日、自力選手のおかげ。今日も(先行を務めた野原雅也の)ダッシュが凄いので、ついていくのに必死でした。風がキツくバンクコンディションが悪かったので、スタート合戦になると思った。案の定そうなったけど、何とか前が取れて良かった。(野原)雅也も近畿を代表する自力選手なので、タイミングを見て行きました。不安しかなく、反省点ばかりです。自分のタイミングで(ラインで)ワンツー決められるように走ったつもり。決勝に乗れて嬉しいです。決勝戦も全力で頑張ります」と連携した後輩に感謝した。

記事をシェアしよう

関連ニュース