競輪ニュース

小川賢人が捲って20万車券を提供「気持ちに応えるだけでした」/奈良G3

<奈良競輪場:春日賞争覇戦>◇G3◇10R S級二次予選◇12日

小川賢人(福岡)が捲り切り、20万車券を提供した。

地元のエース・三谷竜生(奈良)に圧倒的人気が集まった10R。打鐘前で中井俊亮(奈良)が踏み出すも、ラインが千切れてしまう。番手の三谷が猛チャージで何とか中井に追いつくも、最終2コーナーで小川が発進。小川に続こうと捲りに出た松岡貴久(熊本)を三谷がけん制したところ、押し上げてしまい2人が相次いで落車。後方のアクシデントもあり、小川がそのまま押し切った。

圧倒的本命の三谷が落車したこともあり、2車単は38番人気の3-2、2万3530円。3連単は257番人気の3-2-7、20万4560円とビッグな配当となった。

▶動画:小川賢人が捲って20万車券が飛び出した10R

高配当の立役者となった小川は、「先輩(松岡貴久)が後ろを固めてくれたり、後輩の久島(尚樹)君が頑張ってくれたおかげで1着を取れたと思います。僕は番手戦だったので、久島君が強い気持ち戦ってくれたので、その気持ちに応えるだけでした。周りのラインが踏み合っていたおかげで僕は脚を使わずに溜められたので、踏み出した瞬間に決まったと思いました。(初日に連携した)大塚(健一郎)さんが“力を持っているから自信を持っていけ”と言ってくれたおかげで、それが今日にも繋がっていると思います。初めての(記念の)準決勝ですが、しっかり力を出せるように頑張ります」と連携した先輩や後輩に感謝した。

記事をシェアしよう

関連ニュース