競輪ニュース

【高松競輪F1・サテライト観音寺カップ】小川勇介が差し切り、初日特選制す

<高松競輪場:サテライト観音寺カップ>◇F1◇12R S級初日特選◇14日

小川勇介(福岡)が差し切り、初日特選を制した。

松岡健介(兵庫)が人気を集めた初日の目玉レース。打鐘前、藤井栄二(兵庫)が早い仕掛けで踏み出し主導権を握ると、一本棒の状態でレースが進む。最終周回、中西大(和歌山)が発進するも松岡のけん制もあり、捲り切れず。最終バックストレッチ、後方から森山智徳(熊本)が捲りに出ると、松岡も番手捲りに切り替え。松岡と森山がもがき合う中、外から踏み出した小川が差し切った。

2車単は6番人気の1-4、1250円。3連単は11番人気の1-4-7、3940円という結果に。

▶動画:小川勇介が初日特選を制した12R

白星発進を決めた小川は、「近畿が別線だったので、展開を読みながらのレースでした。(連携した森山智徳は)スピードがあったので、一捲りすると思った。(森山に作戦を)任せていたので、どういう展開だろうがついていくことに専念していた。(脚の調子は)出ているなという自覚はある。(準決勝も)しっかり走りたい。相性の良い高松でしっかり結果を出せるように頑張ります」と連携した後輩に感謝した。

ウィンチケット編集部
WINTICKET(ウィンチケット)のコンテンツ編集チーム。初心者でも0からわかる記事を150本以上執筆した他、グレードレースを中心とした「WINTICKETニュース」、ABEMA 競輪・オートレースチャンネルでの番組の見どころをまとめたレポート記事の執筆を担当。

記事をシェアしよう

関連ニュース

,