競輪ニュース

野原雅也が捲って記念初優勝「目標が達成できて良かった」/広島G3

<広島競輪場:ひろしまピースカップ>G3◇12R S級決勝◇27日

野原雅也(福井)が捲り切り、嬉しい記念初優勝を飾った。

山口拳矢(岐阜)と町田太我(広島)の117期コンビの走りに期待が集まった決勝戦。地元のルーキー・町田が早い仕掛けで先頭に立つとレースをリード。最終バックストレッチで4番手から野原が発進すると、そのまま捲り切って優勝を決めた。G3初出場ながら完全優勝に王手をかけていた2世ルーキー・山口は7番手から捲りに出るも、あと一歩及ばず3着という結果に。

2車単は2番人気の2-5、1010円、3車単は10番人気の2-5-8、4730円と人気サイドの結果となった。

【動画】野原雅也が捲って優勝した12R

意外にも記念初優勝となった野原は、「ラインでワンツーも嬉しいですが、何より優勝できたのが嬉しいです。(レースの組み立ては)ちゃんと行けるところで行きたいなと思いました。(連携した鈴木竜士は)同級生でよく喋る仲ですが、(地区が違うため)一緒に走る機会がなかなかないので、ワンツーを決められて嬉しい。今年G3で優勝することを目標にしていたので、最後に目標が達成できて良かったです。新しいフレームやセッティングを変えた開催だったので、優勝できると思わなかった。(優勝できたので)しばらくセッティングはイジらないようにします。(元選手の父・野原哲也も)喜んでいると思います。4日間応援ありがとうございました。次の競走でも頑張ります」と喜びを噛み締めていた。

記事をシェアしよう

関連ニュース