競輪ニュース

【久留米競輪G3・第27回 中野カップレース】地元・坂本健太郎が差して白星発進

<久留米競輪場:第27回 中野カップレース>◇G3◇7R S級一次予選◇26日

坂本健太郎(福岡)が差し切り、地元ファンの期待に応えた。

地元の坂本ら九州勢に人気が集まった7R。打鐘前、嘉永泰斗(熊本)が踏み出して九州勢が主導権を握ると、一本棒の状態でレースが進む。他ラインが攻めることが出来ないまま、最後の直線で番手で脚を溜めていた坂本が冷静に差し切った。

2車単は1-7、300円。3連単は1-7-9、510円とともに1番人気の決着に。

▶動画:坂本健太郎が差し切った 7R

地元の意地を見せた坂本は、「(連携した嘉永泰斗は)けん制もあった中でけっこうキツかったと思うが、ただ抜く(差す)だけの展開に持っていってくれた。バック(ストレッチ)過ぎたぐらいで(ラインで)決まるなと思った。嬉しいですね、ラインで決まると。明日以降も(地元勢が勝つ)この流れを切らさないように頑張ります」と連携した後輩に感謝した。

ウィンチケット編集部
WINTICKET(ウィンチケット)のコンテンツ編集チーム。初心者でも0からわかる記事を150本以上執筆した他、グレードレースを中心とした「WINTICKETニュース」、ABEMA 競輪・オートレースチャンネルでの番組の見どころをまとめたレポート記事の執筆を担当。

記事をシェアしよう

関連ニュース

,