競輪ニュース

【函館競輪G3・五稜郭杯争奪戦】松浦悠士が捲って準決勝へ「昨日のほうが感触良い」

<函館競輪場:五稜郭杯争奪戦>◇G3◇12R S級二次予選◇16日

松浦悠士(広島)が捲って準決勝に駒を進めた。

G1日本選手権競輪を制した松浦に人気が集まった12R。前受けとなった藤根俊貴(岩手)が主導権を握りレースをリード。打鐘とともに菊池岳仁(長野)が踏み出すも、藤根ともがき合う展開になり、失速。最終バックストレッチで人気の松浦が後方から発進すると一気に叩き切り、人気に応えた。

人気の西日本勢が上位を独占したこともあり、2車単は1番人気の3−5、180円。3連単は2番人気の3−5−9、490円

▶動画:松浦悠士が捲って準決勝に駒を進めた12R

S級S班の貫禄を見せつけた松浦は、「(藤根)俊貴がやりあったおかげで展開が良くなった。内に詰まるかなと早めに外に出した。(最終)3コーナーで僕が内に入ってしまうと(松尾)信太郎さんがキツくなってしまうので。昨日のほうが(脚の)感触は良かったですね」とレースを振り返った。

G1日本選手権で優勝を果たしたが、「目標を達成できて、フレッシュな状態で良いと思います。開催に来る以上は優勝を狙っているので、しっかり準決勝も勝ち上がって明日もここ(勝利者インタビュー)に来られるよう頑張ります、3年前のF1で菊地(圭尚)さんに迷惑をかけてしまったので、機会があれば菊地さんの前で頑張りたい気持ちもある。そのためにもまずは決勝に上がりたい。昨日は(車券に絡まず)ご迷惑をかけて申し訳ありませんでした。明日、明後日もしっかり車券に貢献できるように頑張ります」とメッセージを送った。

ウィンチケット編集部
WINTICKET(ウィンチケット)のコンテンツ編集チーム。初心者でも0からわかる記事を150本以上執筆した他、グレードレースを中心とした「WINTICKETニュース」、ABEMA 競輪・オートレースチャンネルでの番組の見どころをまとめたレポート記事の執筆を担当。

記事をシェアしよう

関連ニュース

,