競輪ニュース

【前橋競輪G3・三山王冠争奪戦】脇本勇希が捲って10万車券&記念初決勝進出

<前橋競輪場:開設71周年記念三山王冠争奪戦>◇G3◇10R S級準決勝◇22日

脇本勇希(福井)が捲って決勝進出を決めた。

木暮安由、佐々木悠葵の群馬コンビが期待を集めた最初の準決勝。打鐘前、早い仕掛けで佐々木が先頭に立ち、主導権を握る。最終2コーナーで後方から脇本が発進すると、東京五輪日本代表でもある兄・脇本雄太を彷彿させる豪快な捲りで一気に叩き切り、嬉しい記念初決勝進出を果たした。

2車単は19番人気の8−1、7020円。3連単は171番人気の8−1−9、10万5030円とビッグな配当となった。

▶動画:脇本勇希が捲って記念初決勝進出を決めた10R

豪快な捲りで決勝進出を決めた脇本は、「(佐々木悠葵に)突っ張られてしまったので、自分の行けるタイミングでどこかで仕掛けられればと、(後方で脚を)溜めました。前が詰まっているのがわかったので、外から思い切って行きました。1度合わせられて脚を使ったのですが、前も脚を使っていたので行ける感じがした。佐々木(悠葵)さんが内に見えた瞬間に終わったと思ったのですが、後ろに下がってからは落ち着いて行けました」とレースを振り返った。

兄・雄太とは一緒に練習をしていないため、「何も教わっていないです。最近捲りを打っていなかったので、まったく捲れる自信はなかった。1着を取れたのが夢を見ている感じ。結果的には(ラインで)ワンツーを決められたので嬉しい。決勝も自分の走りをして頑張ります」と意気込みを語った。

ウィンチケット編集部
WINTICKET(ウィンチケット)のコンテンツ編集チーム。初心者でも0からわかる記事を150本以上執筆した他、グレードレースを中心とした「WINTICKETニュース」、ABEMA 競輪・オートレースチャンネルでの番組の見どころをまとめたレポート記事の執筆を担当。

記事をシェアしよう

関連ニュース

,