競輪ニュース

【京王閣競輪G1・日本選手権競輪】佐藤水菜がGコレ制す「いつもより自信があった」

<京王閣競輪場:日本選手権競輪>◇G1◇12R L級Gコレ◇6日

佐藤水菜(神奈川)が捲って、ガールズケイリンコレクション2021 京王閣ステージを制した。

今年の成績が24走中22勝という、絶対女王・児玉碧衣(福岡)が圧倒的人気を集めたGコレ。前受けとなった太田美穂(三重)が終始レースをリード。最終2コーナーで大本命の児玉が発進するも、佐藤のけん制もあり捲り切れず。最終バックストレッチで石井貴子(千葉)が落車するアクシデントもあったが、最終3コーナーで踏み出した佐藤が捲り切った。

絶対女王が着外に敗れたことで、2車単は19番人気の6-4、1万1460円。3連単は98番人気の6-4-3、9万930円と波乱の結果に。

▶動画:佐藤水菜がGコレクションを制した12R

女王・児玉を破った佐藤は、「初めて大きなレースを獲れたのはすごく嬉しいが、アクシデントがあったので素直に喜べないところはあります。初手位置が児玉(碧衣)さんより前だったら、児玉さんの仕掛けに合わせて行こうと。後ろだったら先に仕掛けるような組み立てを考えていた。スタートで太田(美穂)さんが前を取って、(児玉が)ラスト1周ぐらいで掛けていったので、行けるところから行こうと冷静に行けました」とレースを振り返った。

また近況を聞かれ、「直近の調子がすごく良く、いつもより自信があったのでドンと構えていけた。(ナショナルチームに参加している影響は)その部分がすごく大きい。今回は無観客(開催)で残念ですが、コロナが落ち着いたらみなさんの前で強い走りを出来るように一生懸命練習を頑張ります」とファンにメッセージを送った。

ウィンチケット編集部
WINTICKET(ウィンチケット)のコンテンツ編集チーム。初心者でも0からわかる記事を150本以上執筆した他、グレードレースを中心とした「WINTICKETニュース」、ABEMA 競輪・オートレースチャンネルでの番組の見どころをまとめたレポート記事の執筆を担当。

記事をシェアしよう

関連ニュース

,