競輪ニュース

【広島競輪F2・全プロ記念競輪】小倉竜二が差してSPR賞進出「ギリギリかわした」

<広島競輪場:全プロ記念競輪>◇F2◇12R S級優秀◇29日

小倉竜二(徳島)が前橋記念を彷彿させる差しを決め、SPR賞進出を決めた。

地元のエース・松浦悠士(広島)に圧倒的支持が集まった最後のS級優秀。打鐘とともに野原雅也(福井)が踏み出し、主導権を握る。最終周回、山田英明(佐賀)が捲りに出るも野原ともがき合う展開に。最終バックストレッチで人気の松浦が発進して先頭に立つも、
けん制され失速した山田が稲垣裕之(京都)と接触し落車してしまうアクシデントが発生。ゴール直前、小倉と佐藤慎太郎(福島)が迫ってきて3人がほぼ同時にゴールする接戦に。写真判定の末、差し切った小倉が勝利を飾った。

人気の松浦が3着に破れたことで2車単は17番人気の7−5、6220円。3連単は26番人気の7−5−1、9780円とやや波乱の結果に。

▶動画:小倉竜二が差してSPR賞進出を決めた12R

前橋記念で優勝を飾るなど近況好調の小倉は、「ギリギリかわしたぐらいで、佐藤(慎太郎)君も来ていたので危なかったです。(近況好調だが)武雄(記念)から(差し脚が)戻ってきた。あと2年ぐらい(ビッグレースで)行けるかな(笑)。明日も松浦(悠士)君の後ろになると思うので、しっかりついて行きます」と意気込みを語った。

ウィンチケット編集部
WINTICKET(ウィンチケット)のコンテンツ編集チーム。初心者でも0からわかる記事を150本以上執筆した他、グレードレースを中心とした「WINTICKETニュース」、ABEMA 競輪・オートレースチャンネルでの番組の見どころをまとめたレポート記事の執筆を担当。

記事をシェアしよう

関連ニュース

,