競輪ニュース

【放送レポート】毎日ぶっちゃけいりん ~近畿地区特別編~

番組映像

近畿地区の選手が大集合!

本人不在で脇本雄太の秘密をぶっちゃけまくる!?

『KEIRINグランプリ2020』開催を記念して、『GP直前! 毎日ぶっちゃけいりん』がABEMAにて5日連続で放送される。最終日となる12月27日(日)には近畿地区特別編が放送された。

『KEIRINグランプリ』出場の脇本雄太(福井)がスケジュールの都合で出演できないため、脇本をよく知る

稲川翔(90期・大阪)
野原雅也(103期・福井)
近藤龍徳(101期・愛知)

が特別出演することになり、MCは4日目に引き続き、U字工事が担当した。

野原が丸刈りで登場

丸刈り姿になっている野原にU字工事が「どうしたんですか?」と聞くと、「1か月ぐらい前にしました。(丸刈りは)10年ぶりぐらい。特に意味はない」と言うと、近藤は「野原の丸刈りは自分で切ったら失敗したらしいです」と暴露。
すると野原も「……はい。レース前に美容室に行けなくて。モミアゲが気になってやったら、モミアゲがなくなった(笑)」と告白。
稲川も「レースで失敗した時より落ち込んでいた」と続けて暴露していた。

脇本の強さの秘訣をぶっちゃける

乾杯した後は、3人が脇本雄太の強さを分析することに。
稲川&野原が2020年のベストレースに選んだのは、脇本が優勝したG1『寛仁親王牌・世界選手権記念トーナメント』決勝戦。稲川は、「みんなが(脇本を)警戒していて、走り方も分かっているのに、それでも行く。(連携した)東口(善朋)さんは差し脚もあるのに珍しくしんどそうなのを見て、(脇本の)強さがより引き立った。普通(東口ぐらいの選手が)こんなに離れることはないのに、それが出来ちゃう」と分析。

野原も、「どのレースを見ても凄い距離を仕掛けるし、凄いスピードで行っちゃう」と絶賛。また近藤は、「地区が違うから相手目線で見ちゃうが驚異的。どうしたら勝てるんだろう」と別地区ならではの目線で語った。

稲川が脇本と久しぶりに連携したというG1『高松宮記念杯競輪』決勝戦を振り返った際には、「以前に連携していたワッキー(脇本)とは全然違っていた。(ナショナルチームの)競技に専念してから、見るからにレベルアップしていた。僕もゴール前に引き離されましたから」と苦笑。そして稲川は「脇本と走る時は作戦会議はあまりしない。脇本の好きなタイミングで行ってもらったほうが、僕らにもチャンスがあるので」と本音を明かしていた。

野原「脇本さんはいつも新田を見ている。」

『KEIRINグランプリ2020』で注目している選手を聞かれ野原は、「脇本さんはいつも新田(祐大)を見ていますよね。でも中国勢も強いですよね」と語った。

また平原(康多)と脇本が連携すると思うかを聞かれた稲川は、「(連携は)ないとは思うが、全選手が脇本の後ろについてみたいと興味はあると思う」と分析。平原もそう思ったのか、共同記者会見で平原は脇本と連携するとサプライズ発表をして驚かせた。

野原「(脇本に)まったく歯が立たなかった」

2人が脇本と戦った福井記念G3『不死鳥杯』特選レース映像を振り返り、野原は「まったく歯が立たなかった。同県で一緒に走りたかったが、(別ラインで戦って)良い経験になりました」と告白。連携した稲川は、「誰もが脇本の後ろが着に近いと思っているので、嘘をつかずに話し合いをして(ラインが)決まった。それで(ラインを決める会議が)2時間かかった。正直、地区あっせん勘弁してくれと思った」と新型コロナの感染拡大防止による同地区あっせんの歯がゆさを振り返った。

改めて脇本とラインを組むことについて聞かれた稲川は、「本当に昔と今では別人。脇本と連携してG1を優勝した時は自分にも余裕があった。近年はまずはワッキーの後ろをしっかりつききる(のが目標)」と脇本の成長ぶりを語った。

脇本は弱気な時ほど強い?!

脇本は弱気な時ほど強い説について聞かれた稲川は、「僕(脇本)がダメな場合は番手捲りしてくれても良いですよと冗談で言うけど、そういう時ほど逃げ切る。だからワッキーが“番手捲りして大丈夫です”という時ほど、脇本は強いというのが選手間で定説になっている」と話すと、近藤は「仕上がっている時に出るフレーズなんでしょうね。“行けるもんなら行ってみろ”みたいな」と分析した。

グランプリに向けた脇本の様子をぶっちゃける

グランプリに向けて脇本が取り組んでいることについて聞かれ、稲川は「競輪祭の初日に落車してしまったので怪我のことで連絡したが、治療しながら頑張るということしか知らない」と話すと、同県の野原も「脇本さんは(伊豆でナショナルチームのトレーニングしているため)福井にいないので、よく分からない」と話すも、近藤は「競輪祭は予選2日間のポイント制(での勝ち上がり)なのに、(落車するようなリスクがあっても攻めて)常に1着を狙っているのが(脇本の)グランプリに対する姿勢なのかなって」と分析していた。

また稲川は、「ラインがあったほうがワッキーの良さは生きる」と話すと、近藤は「ワッキーはラインを組みたいだろうけど、平原さんのほうが単騎を選択するのでは」と予想。稲川も、「(もし平原とラインを組んだら)予想外ですよね。でもラインを組むことになってもラインのためではなく、自分のために走ってほしい」と話していた。

未公開映像はWINTICKET登録者に限定公開中!

WINTICKETにご登録されている方限定で、放送に入りきらなかった未公開ぶっちゃけを特別公開!

ぶっちゃけを見たりない・聞きたりないという方は、WINTICKETのご登録をお願いします。

未公開映像の見どころ

野原選手の脇本選手に対する愛がとまらない?!

また、実は口下手で甘えん坊の野原選手が、得意の生歌を披露?!

ウィンチケット編集部
WINTICKET(ウィンチケット)のコンテンツ編集チーム。初心者でも0からわかる記事を150本以上執筆した他、グレードレースを中心とした「WINTICKETニュース」、ABEMA 競輪・オートレースチャンネルでの番組の見どころをまとめたレポート記事の執筆を担当。

記事をシェアしよう

関連ニュース

,