競輪ニュース

平原康多が差して決勝進出「自分も気持ちを見せなきゃなと」/高松G3

<高松競輪場:玉藻杯争覇戦>◇G3◇11R S級準決勝◇6日

平原康多(埼玉)が人気に応えて差し切り、決勝進出を決めた。

S級S班の平原に人気が集まった11R。打鐘前で佐々木悠葵(群馬)が早い仕掛けで先頭に立ち、レースをリード。最終周回で佐々木豪(愛媛)が踏み出すも佐々木悠葵が抵抗し、もがき合う展開に。再度攻めようとするも、今度は平原にけん制され失速。最終バックストレッチで北津留翼(福岡)が後方から発進すると、その動きを見て平原が番手から踏み出し、人気に応えて差し切った。

2車単は5番人気の3−4、770円。3連単は7番人気の3−4−1、2480円と人気サイドの決着に。

▶動画:平原康多が差し切り決勝進出を決めた11R

見事人気に応えた平原は、「(連携した)佐々木(悠葵)がラインを活かした走りをしてくれたので、それに尽きます。あそこまで粘る力があるのが凄い。(佐々木悠葵が)粘ってくれたので、自分も気持ちを見せなきゃなと。本当は佐々木(悠葵)も(決勝進出できる)3着までに残せられば良かったが、今日はこれが精一杯でした。(脚の)感じは悪くないと思います。ここまで来たら優勝目指して頑張ります」と連携した後輩に感謝した。

記事をシェアしよう

関連ニュース