競輪ニュース

大型2世ルーキー・山口拳矢が2連勝で準決勝へ「調子がアップしている」/広島G3

<広島閣競輪場:ひろしまピースカップ>G3◇11R S級二次予選◇25日

現在は解説者としても活躍する元トップ選手・山口幸二の息子で、115期の兄・聖矢とともに注目を集める117期のルーキー山口拳矢(岐阜)が差し切り、2連勝を決めた。

9月に特別昇格でS級に昇格した山口に期待が集まった11R。打鐘前、山本直(岡山)が早い仕掛けで先頭に出てレースをリード。最終バックストレッチで中団から雨谷一樹(栃木)が捲りに出ると、人気の山口も7番手から発進。大外から一気に先頭まで叩き切り、準決勝進出を果たした。

2車単は1番人気の5-1、220円。3連単は6番人気の5-1-9、2030円と本命決着に。

【動画】山口拳矢が差して勝利を飾った11R

2連勝を決めた山口は、「前を取ったほうが全員に脚を使わせられて良かったけど、警戒されてしまってああいう形になってしまいました。けっこう脚も使っていたけど、広島(バンクは)捲りより捲り追い込みのほうが伸びると聞いたので。今日は昨日より脚の調子がアップしていた感じなので、明日も大丈夫だと思います。(今日は)最低限(の結果)かなと。(7番手だったので)ホームでは焦りました。明日も前々と攻めて決勝に乗れるように頑張ります」と大物ぶりをアピールしていた。

記事をシェアしよう

関連ニュース