競輪ニュース

松浦悠士が差して高松記念2連覇「気持ちで勝った感じ」/高松G3

<高松競輪場:玉藻杯争覇戦>◇G3◇12R S級決勝◇7日

松浦悠士(広島)が差し切り、玉藻杯争覇戦2連覇を飾った。

S級S班の松浦と平原康多(埼玉)に期待が集まった決勝戦。前受けとなった眞杉匠(栃木)が主導権を握り、レースをリード。打鐘とともに期待のルーキー・町田太我(広島)が後方から捲りに出るも、最終2コーナーで失速。それを見て番手の松浦が踏み出すと、その動きを見て平原も発進。ゴール直前、平原と松浦の一騎打ちになったところ、松浦が伸び切り見事人気に応えた。

2車単は2番人気の7−2、890円。3連単は14番人気の7−2−5、5760円という結果に。

▶動画:松浦悠士が高松記念2連覇を飾った12R

昨年に引き続き優勝を決めた松浦は、「身体のほうは筋肉痛が出るぐらいキツかったが、最後は同県の町田(太我)君の頑張りがあったので、気持ちで勝った感じ。苦しかったが、走る前に町田くんと“結果は考えずに、しっかり眞杉(匠)君と良いレースをしてくれ。みんなで良いレースをしよう”と話していました。(町田太我は)前よりは後ろでという判断だったと思います。僕の中では町田くんのほうが(眞杉匠より)力があるから叩けると思っていたが、眞杉君もしっかり気持ちを入れて踏んでいたので、厳しくなりましたね。でもその後はしっかり良い判断が出来たと思う」とレースを振り返った。

また記念2回目の出場ながら好走。連携した町田太我のことを聞かれ、「町田くんの苦しみに比べたら、僕なんかは苦しくなかったと思います。阿部(大樹)さんがキツそうだったので、1回平原さんの番手で休ませてもらいました。かなりみんな消耗していて最後苦しかったが、同県の後輩が頑張ってくれたので、最後はそこ(の気持ち)だけ。(最後に平原康多と競ったが)来ると思っていたので、しっかり準備出来ていました」と先行を務めた後輩を讃えた。

今月下旬には今年初のビッグレースが控えているが、「今回万全な状態ではない中で、決勝に進んで優勝出来たことは今後に繋がると思う。今年は連戦が続いて目の前の一戦一戦だけ集中してやっていたが、これで(G1)全日本選抜(競輪)に向かって行けるので、しっかり調子を上げて本調子で臨めるように頑張ります」と意気込みを語った。

記事をシェアしよう

関連ニュース