競輪ニュース

【高松競輪F1・サテライト観音寺カップ】小川勇介が差して今年3度目の優勝

<高松競輪場:サテライト観音寺カップ>◇F1◇12R S級決勝◇16日

小川勇介(福岡)が差し切り、今年3度目の優勝を飾った。

地元のルーキー・石原颯(香川)に期待が集まった決勝戦。打鐘とともに中西大(和歌山)が踏み出し主導権を握るも、ラインが千切れる形に。最終バックストレッチで松岡健介(兵庫)が自力に転じて捲りに出ると、マークにつく形となった小川が最後の直線で差し切り、ビッグな配当を提供した。

人気の石原が着外に破れたことで、2車単は16番人気の2−3、3950円。3連単は123番人気の2−3−7、3万2370円とビッグな配当に。

▶動画:小川勇介が今年3度目の優勝を決めた12R

今年3度目の優勝を飾った小川は、「高松(バンク)は相性が良いので、(優勝は)ファンのみなさんのおかげ。初日から脚は出ていたのでチャンスかなと思っていた。連結外してしまって、そこは申し訳ない。(連携した瓜生崇智は)俊敏に行ってくれて、前の(瓜生の)おかげです。(レースの)流れに乗って行こうと考えていた。練習仲間の環境がすごく良いので、不動會(レジェンドレーサーの吉岡稔真が指導にあたる練習チーム)のみんなに助けてもらっている感じ。一走一走車券に貢献できるように走るので応援お願いします」と仲間に感謝した。

ウィンチケット編集部
WINTICKET(ウィンチケット)のコンテンツ編集チーム。初心者でも0からわかる記事を150本以上執筆した他、グレードレースを中心とした「WINTICKETニュース」、ABEMA 競輪・オートレースチャンネルでの番組の見どころをまとめたレポート記事の執筆を担当。

記事をシェアしよう

関連ニュース

,