競輪ニュース

松谷秀幸が差して決勝へ「全日本選抜に繋がる良い走りが出来れば」/高松G3

<高松競輪場:玉藻杯争覇戦>◇G3◇12R S級準決勝◇6日

松谷秀幸(神奈川)が差し切り、決勝進出を果たした。

令和の競輪界をリードする松浦悠士(広島)が人気を集めた最後の準決勝。眞杉匠(栃木)が早い仕掛けでレースの主導権を握る。最終周回で人気の松浦が発進すると、山下渡(茨城)のけん制も乗り越えて先頭へ。最終3コーナーで松谷が踏み出すると、最後の直線で松浦を捕らえて決勝進出を決めた。

2車単は8番人気の1−2、3140円。3連単は61番人気の1−2−9、3万4280円と高配当決着に。

▶動画:松谷秀幸が差して決勝進出を決めた12R

差して決勝進出を決めた松谷は、「とりあえず松浦(悠士)君を後方に置いて、眞杉(匠)君が先行すると思ったので4番手はしっかり取ってから……と考えていました。内から位置を取ったので、しゃくられないようにした。絶対に松浦が来ると思ったのでそこにスイッチしようと。来なければ自分が2コーナーから捲くに行こうと思っていた。(後方から森山智徳が捲ってきたが)ここは頑張って前に踏むしかないなと。最近練習メニューも変わってキツめの練習になっているのですが、それが良い方向に出ていると思います。明日も次の(G1)全日本選抜(競輪)に繋がる良い走りが出来れば」と手応えを感じている様子だった。

ウィンチケット編集部
WINTICKET(ウィンチケット)のコンテンツ編集チーム。初心者でも0からわかる記事を150本以上執筆した他、グレードレースを中心とした「WINTICKETニュース」、ABEMA 競輪・オートレースチャンネルでの番組の見どころをまとめたレポート記事の執筆を担当。

記事をシェアしよう

関連ニュース

,