競輪ニュース

松浦悠士が捲り切り今年初V「才迫くんの頑張りに尽きる」/和歌山G3

<和歌山競輪場:岸和田キング争覇戦in和歌山>G3◇12R S級決勝◇12日

年明けに体調を崩し心配されていた松浦悠士(広島)が期待に応えて捲り切り、今年初Vを飾った。

昨年の賞金争いをリードした松浦に期待が集まった決勝戦。打鐘前、今開催で台風の目になっている才迫開(広島)が仕掛けてレースの主導権を握る。最終周回、小松崎大地(福島)が捲りに出るも、稲川翔(大阪)にけん制されてしまい前に出ることは出来ず。最終バックストレッチで後方から浅井康太(三重)が発進すると、人気の松浦は番手捲りに切り替え。迫る稲川らを振り切り、今年初優勝を決めた。

3着到達の浅井は外帯線内進入により失格。和田健太郎(千葉)が繰り上がることに。2車単は3番人気2-3、1100円。3連単は10番人気の2-3-1、4270円という結果となった。

【動画】松浦悠士が捲って今年初Vを決めた12R

今年初Vを飾った松浦は、「(連携した才迫)開くんがすごく頑張ってくれた。後ろが気になったが、あそこまで行ってもらえたら優勝するしかないと思って早めに行かせてもらった。体調は万全ではなかったが(優勝は)才迫くんの頑張りに尽きる。昨年も良いスタートが切れたし、今年も良い1年になりそうです。(体調が)万全ではない中でも才迫くんの頑張りで優勝させてもらうことが出来たので、これからもっともっと調子を上げて良い戦いが出来るかなと思っています」と先行を務めた後輩に感謝。

また、「昨年からコロナウイルスの影響でファンサービスが出来なくて心苦しい。(感染拡大が)落ち着いたらファンサービスが出来るようになったら出待ち、入り待ちをしっかりさせてもらいますので、これからも温かい応援お願いします」とファンにメッセージを送った。

記事をシェアしよう

関連ニュース