競輪ニュース

【京王閣競輪G1・日本選手権競輪】平原康多が差して決勝進出「体調は良くない」

<京王閣競輪場:日本選手権競輪>◇G1◇11R S級準決勝◇8日

平原康多(埼玉)が差し切り、決勝に駒を進めた。

初日のゴール後に落車したものの、ミスター競輪・平原に人気が集まった最後の準決勝。打鐘とともに眞杉匠(栃木)が踏み出して、関東勢が主導権を握る。最終バックストレッチ、野原雅也(福井)と清水裕友(山口)がもがき合った際に野原が転倒。それに巻き込まれた諸橋愛(新潟)も続けて落車。最後の直線、眞杉の番手で脚を溜めていた平原が冷静に差し切り、人気に応えた。

2車単は16番人気の9−6、5540円。3連単は93番人気の9−6−2、3万5740円と高配当となった。

▶動画:平原康多が差して決勝進出を決めた11 R

人気に応えた平原は、「(連携した)諸橋(愛)さんが落車してしまったので、本当に残念です。(連携した眞杉匠は)本当に強い先行をしてくれましたね。何とか(決勝に)残ってもらいたかった。(落車の影響は)外傷は大丈夫だが、内蔵を痛めてしまって体調は良くない。ここまで来たので優勝目指して頑張ります」と連携した後輩に感謝した。

ウィンチケット編集部
WINTICKET(ウィンチケット)のコンテンツ編集チーム。初心者でも0からわかる記事を150本以上執筆した他、グレードレースを中心とした「WINTICKETニュース」、ABEMA 競輪・オートレースチャンネルでの番組の見どころをまとめたレポート記事の執筆を担当。

記事をシェアしよう

関連ニュース

,