競輪ニュース

【小松島競輪G3・阿波おどり杯争覇戦】地元・小倉竜二が差し切り初日特選を制す

<小松島競輪場:阿波おどり杯争覇戦>◇G3◇12R S級初日特選◇1日

小倉竜二(徳島)が差し切り、初日特選を制した。

地元・阿竹智史(徳島)に人気が集まった初日の目玉レース。打鐘とともに太田竜馬(徳島)が踏み出すと、人気の徳島勢が主導権を握る。最終周回、人気対抗の松浦悠士(広島)が7番手から発進するもラインが千切れる形になり、単騎の山田庸平(佐賀)が松浦のマークへ。阿竹や小倉のブロックもあり松浦が苦戦する中、太田のスピードに乗った小倉が3番手から差し切り、地元記念で白星発進を決めた。

2車単は4番人気の1−9、1390円。3連単は19番人気の1−9−8、6870円とやや高めの配当に。

▶動画:小倉竜二が差して初日特選を制した12R

差し切った小倉は、「思ったより(仕掛けが)早かったのでビックリした。作戦的にはなかったので。(松浦悠士が仕掛けてきたのは)分かった。(連携した)阿竹(智史)君がどうするかなという感じで、僕はとにかく内を締めてと。僕は(ラインの)3番手なので、阿竹君に任せました。(最後は阿竹がコースを)空けてくれたという感じ。前回(G1高松宮記念杯)落車してしまったが、何とか(小松島記念に調整が)間に合った。決勝を目指して頑張ります」とレースを振り返った。

ウィンチケット編集部
WINTICKET(ウィンチケット)のコンテンツ編集チーム。初心者でも0からわかる記事を150本以上執筆した他、グレードレースを中心とした「WINTICKETニュース」、ABEMA 競輪・オートレースチャンネルでの番組の見どころをまとめたレポート記事の執筆を担当。

記事をシェアしよう

関連ニュース

,