競輪ニュース

平原康多が差して決勝進出「今日は何とか1着を取りたかった」/高松G3

<高松競輪場:玉藻杯争覇戦>◇G3◇11R S級二次予選◇5日

平原康多(埼玉)が差し切り、決勝進出を決めた。

ミスター競輪こと平原に人気が集まった11R。打鐘前、伊藤颯馬(沖縄)が早い仕掛けで先頭に立つも、すかさず眞杉匠(栃木)が捲り返して主導権を握る。最終バックストレッチで友定祐己(岡山)が発進して先頭に迫るも、眞杉の番手で脚を溜めていた平原が冷静に差し切り、人気に応えた。

人気の関東勢がワンツーを決めたものの、3着に人気を落としていた友定祐己(岡山)が入ったことで、2車単は1番人気の7-3、220円。3連単は17番人気の7-3-8、6770円とやや高めの配当に。

▶動画:平原康多が差して予選突破を決めた11R

差して人気に応えた平原は、「どういう風に主導権を取るかを考えて走りました。眞杉(匠)とは初連携だったので、タイミングを外さないように心がけた。(眞杉匠は)最後までしっかり踏めていたし、スピードもありましたね。(友定祐己が後ろから迫っていたのは)はっきり分からなかったが、後ろのスピードに合わせて自分も踏んだ。捲られる感じではなかったので、上手くタイミングを取りながら行きました。昨日はレースに参加させてもらえないようなレースになってしまったので、今日は何とか1着を取りたかった。決勝戦目指して明日も頑張ります」とレースを振り返った。

記事をシェアしよう

関連ニュース