競輪ニュース

【福井競輪G3・不死鳥杯】郡司浩平が捲って初日特選を制す「道中は無我夢中」

<福井競輪場:不死鳥杯>◇G3◇12R S級初日特選◇8日

郡司浩平(神奈川)が捲って初日特選を制した。

G1タイトルホルダーの郡司に人気が集まった初日の目玉レース。打鐘とともに森田優弥(埼玉)が踏み出して主導権を握るも、番手の守澤太志(秋田)は古性優作(大阪)にけん制され、ラインが千切れてしまう。最終2コーナーで後方から人気の郡司が発進。古性の抵抗も乗り越えて一気に叩き切り、人気に応えた。

人気の神奈川勢がワンツーを決めたものの、2車単は1番人気の1−7、560円。3連単は15番人気の1−7−5、6450円とやや高めの配当に。

▶動画:郡司浩平が捲って初日特選を制した12R

白星発進を決めた郡司は、「道中は無我夢中でゴールしてからも苦しかったが、1着が取れて良かった。(作戦は)流れの中で動いて、1から仕掛けられればと思っていた。前がゴチャついていたので、上手く行くことが出来た。自分が思っているよりは重さを感じたが、1着が取れているので(脚の調子は)良いのかなと思う。(今回は新車で臨んでいるが)最近練習などでずっと乗っていたので違和感はない。レースを走る中で新しい発見もあるので、微調整ができれば。あと3日間、しっかりと自分の力を発揮できるように頑張ります」と意気込みを語った。

ウィンチケット編集部
WINTICKET(ウィンチケット)のコンテンツ編集チーム。初心者でも0からわかる記事を150本以上執筆した他、グレードレースを中心とした「WINTICKETニュース」、ABEMA 競輪・オートレースチャンネルでの番組の見どころをまとめたレポート記事の執筆を担当。

記事をシェアしよう

関連ニュース

,