競輪ニュース

松浦悠士が捲り切って予選突破「走り過ぎか精神的に滅入っています」/高松G3

<高松競輪場:玉藻杯争覇戦>◇G3◇12R S級二次予選◇5日

松浦悠士(広島)が捲り切って、見事人気に応えた。

S級S班の松浦に期待が集まった最後の二次予選。打鐘前、小原唯志(茨城)が発進してレースをリード。最終周回で松浦が踏み出すも、中団にいた不破将登(岐阜)が激しく抵抗。しかし強引に捲り切り、最終バックストレッチで先頭へ。そのまま押し切り、決勝進出を決めた。

2車単は5番人気の1-4、2540円。3連単は15番人気の1-4-3、7330円という結果に。

▶動画:松浦悠士が捲って決勝に進んだ12R

捲り切った松浦は、「一旦中団を取ってから小原(唯志)さんがかましたところをスイッチして叩きたかったが、叩く前に小原さんが踏んだので捲りに構えた感じ。すかさず小原さんが引いてすぐに巻き返してきたので、あとは自分がどこから行くかだったか。小原さんが4コーナーから全開で踏んだ感じだったので、そこから叩くのはキツイなと。外並走からも捲れたが、ラインで決められなかったのが残念。(脚の状態が)本当に良ければ小原さんの上を叩くレースも出来たと思うが、その辺は甘かったですかね。スピードの伸びとかに関しては良いが、(斡旋が詰まり過ぎて)走り過ぎか精神的に滅入っています。準決勝をしっかり1着で突破して、残り2日間もみなさんの前に来られよう精一杯頑張ります」と現在の状態について語った。

記事をシェアしよう

関連ニュース