競輪ニュース

地元・松本貴治がG3初優勝「ラインの力で優勝出来た」/松山G3

<松山競輪場:金亀杯争覇戦>G3◇12R S級決勝◇24日

松本貴治(愛媛)が捲り切り、地元でG3初優勝を飾った。

愛媛勢に期待が集まった決勝戦。早い仕掛けで島川将貴(徳島)が先頭に立つと、人気の四国勢が抜け出してレースをリード。最終周回でS級S班の郡司浩平(神奈川)や松浦悠士(広島)も踏み出すも、序盤で大差をつけられたこともありなかなか迫ることは出来ず。最終バックストレッチで松本が番手捲りに切り替えると、そのまま押し切って嬉しい記念初優勝を決めた。

愛媛勢が上位を独占したことで2車単は4−1、580円。3連は4−1−8、1720円とともに1番人気となった。

【動画】地元・松本貴治がG3初優勝を飾った12R

地元記念でG3初制覇を決めた松本は、「僕だけの力ではなくラインの力で優勝出来たので本当に嬉しいです。(先行を務めた島川将貴が)行くところで行くと言ってくれた。風も強くてバンクも重かったけど、すごく掛かっていた。自分の力を出して勝ち上がれた部分もあるけど、4日間ラインのおかげで決勝に来られて優勝することができた。毎回優勝するという気持ちでは挑んでいたが、本当に優勝できると思わなかった。まだまだ弱いのでしっかり強くなって、みなさんにもっと応援してもらえるように頑張ります」と連携した仲間に感謝した。

ウィンチケット編集部
WINTICKET(ウィンチケット)のコンテンツ編集チーム。初心者でも0からわかる記事を150本以上執筆した他、グレードレースを中心とした「WINTICKETニュース」、ABEMA 競輪・オートレースチャンネルでの番組の見どころをまとめたレポート記事の執筆を担当。

記事をシェアしよう

関連ニュース

,