競輪ニュース

【京王閣競輪G1・日本選手権競輪】山田英明が予選突破「ワンツー出来なくて悔しい」

<京王閣競輪場:日本選手権競輪>◇G1◇10R S級二次予選◇6日

山田英明(佐賀)が差して、準決勝に駒を進めた。

特別選抜メンバーの山田ら九州勢が期待を集めた10R。打鐘とともに原田研太朗(徳島)が内をすくって主導権を握る。最終2コーナー、人気の一角・山崎賢人(長崎)が捲りに出ると、一気に叩いて先頭へ。ゴール直前、山崎の番手で脚を溜めていた山田が冷静に差し切った。

人気の山田が勝ったものの、やや人気を落としていた佐々木雄一(福島)が3着に入ったことで、2車単は5番人気の1-3、2380円。3連単は18番人気の1-3-5、8950円と高めの配当に。

▶動画:山田英明が差して予選突破を決めた10R

人気に応えた山田は、「(連携した)山崎(賢人)はめちゃくちゃ強いので、信頼して着いて行きました。100%(ラインで)ワンツー出来ると思って走ったが、G1でみんな強いこともあり、賢人があんなに頑張ってくれたのにワンツー出来なくて悔しい。今日も1着が取れているので(脚は)悪くないと思う。決勝目指して頑張ります」とレース内容を反省していた。

ウィンチケット編集部
WINTICKET(ウィンチケット)のコンテンツ編集チーム。初心者でも0からわかる記事を150本以上執筆した他、グレードレースを中心とした「WINTICKETニュース」、ABEMA 競輪・オートレースチャンネルでの番組の見どころをまとめたレポート記事の執筆を担当。

記事をシェアしよう

関連ニュース

,