競輪ニュース

地元のベテラン井上昌己が差して白星発進「声援を貰って力になりました」/佐世保G3

<佐世保競輪場:九十九島賞争奪戦>◇G3◇11R S級一予選◇17日

地元の実力者・井上昌己(長崎)が差して、地元ファンの期待に応えた。

地元・井上と連携する竹内に期待が集まった11R。早い仕掛けで竹内雄作(岐阜)が先頭に立つと、レースをリード。一本棒の状態でレースが進む中、最終バックストレッチで単騎の村上直久(神奈川)が発進。先頭に迫るも、最後の直線で竹内の番手で脚を溜めていた井上が冷静に差し切り、白星発進を決めた。

2車単は5番人気の5-9、2340円。3連単は16番人気の5-9-1、6680円という結果に。

▶動画:井上昌己が差して地元ファンの期待に応えた11R

地元の意地を見せた井上は、「良い緊張感の中、とりあえず一走できたと思う。踏み出しに集中しました。2周突っ張る作戦ではなかったが、気持ち遅かったので(先行を務めた竹内雄作が)突っ張ってくれましたね。先行選手だけあり、踏み直しも強かった。この寒い中、声援を貰って力になりました。まだまだ頑張りたい。どのメンバーでも1着が取れるよう頑張ります」と地元記念への意気込みを語った。

記事をシェアしよう

関連ニュース