競輪ニュース

【松山競輪G3・国際自転車トラック競技支援競輪】坂本貴史が差し切り決勝へ

<松山競輪場:国際自転車トラック競技支援競輪>◇G3◇12R S級準決勝◇12日

坂本貴史(青森)が差し切り、決勝進出を果たした。

ビッグレースでも存在感が増している町田太我(広島)が、圧倒的支持を集めた最後の準決勝。打鐘とともに人気の町田が踏み出し、一気に叩いて先頭へ。しかし齋藤登志信(宮城)のけん制もあり、ラインが千切れる結果に。最後の直線、町田のマークにつく形になった坂本が冷静に差し切った。

2車単は12番人気の3−7、4330円。3連単は37番人気の3−7−1、1万3910円と準決勝はすべて万車券決着となった。

▶動画:坂本貴史が差して決勝進出を決めた12R

差し切った坂本は、「予想の並びとは違ったが、そんな中で前々に踏めたのは良かった。ちょっと谷口(友真)君に合わせられたが、気持ちで何とか前に出られて良かった。(松山バンクは)1着取れているし(コンディションは)とても良いと思う。昨日は5着だったが、調子自体は日に日に調子が良くなっているので楽しみです。明日は(齋藤)登志信さんとワンツー決められるように頑張ります」とレースを振り返った。

ウィンチケット編集部
WINTICKET(ウィンチケット)のコンテンツ編集チーム。初心者でも0からわかる記事を150本以上執筆した他、グレードレースを中心とした「WINTICKETニュース」、ABEMA 競輪・オートレースチャンネルでの番組の見どころをまとめたレポート記事の執筆を担当。

記事をシェアしよう

関連ニュース

,