競輪ニュース

武藤龍生が差して15万車券&決勝進出「嬉しさよりは申し訳ない気持ち」/奈良G3

<奈良競輪場:春日賞争覇戦>◇G3◇12R S級準決勝◇13日

武藤龍生(埼玉)が差し切り、15万車券を提供した。

昨年のグランプリ覇者・和田健太郎(千葉)、松本貴治(愛媛)を中心に人気が割れた最後の準決勝。赤版周回で先頭に立った大石剣士(静岡)が主導権を握る。打鐘が鳴り、松本が後方から発進。最終2コーナーで元砂勇雪(奈良)が落車した際に、人気の和田と小倉竜二(徳島)も巻き込まれる形で相次いで落車してしまうアクシデントが。最終バックストレッチで松本が再び捲りに出るも、ゴール直前で武藤が差し切り、決勝の切符をもぎ取った。

人気の和田たちが落車棄権になったこともあり、2連単は38番人気の7-3、1万6310円。3連単は234番人気の7-3-2、15万110円とビッグな配当に。

▶動画:武藤龍生が差して15万車券を提供した12R

高配当の立役者となった武藤は、「1着は嬉しいがラインの2人が失格になってしまったので、嬉しさよりは申し訳ない気持ち。(連携した大石剣士は)すごく気持ちの入ったレースをしてもらったので、自分も3番手だけど何か出来ることをと思っていた。(ゴール前は)無我夢中でした。決勝に乗れているので(脚は)悪くないと思います。大宮記念から状態が上がってきているので、今回も維持できていると思う。同県の宿口(陽一)さんもいるのでワンツー決められるように頑張ります」と複雑な表情でレースを振り返った。

ウィンチケット編集部
WINTICKET(ウィンチケット)のコンテンツ編集チーム。初心者でも0からわかる記事を150本以上執筆した他、グレードレースを中心とした「WINTICKETニュース」、ABEMA 競輪・オートレースチャンネルでの番組の見どころをまとめたレポート記事の執筆を担当。

記事をシェアしよう

関連ニュース

,