競輪ニュース

地元のエース・平原康多が2連勝で予選突破「苦しい展開になりました」/大宮G3

<大宮競輪場:東日本発祥倉茂記念杯>G3◇12R S級二次予選◇15日

地元のエース・平原康多(埼玉)が差し切り、2連勝で予選突破を決めた。

平原ら関東勢に期待が集まった12R。前受けとなった竹山陵太(宮城)がレースをリード。赤版周回で後方から伊藤裕貴(三重)が発進するも、中団の関東勢に蓋をする形で並走。最終周回でようやく伊藤が踏み出して先頭へ。最終バックストレッチで7番手から坂井洋(栃木)が捲りに出ると、堤洋(徳島)のけん制も乗り越え一気に叩き切る。最後の直線、坂井の番手で脚を溜めていた平原が差し切り、準決勝進出を決めた。

人気の関東勢が上位を独占したことで、2車単は5-3、200円。3連単は5-3-1、270円とともに1番人気の結果に。

【動画】平原康多が2連勝を決めた12R

見事人気に応えた平原は、「(中部勢に内に包まれたため)かなり苦しい展開になりましたね。あそこはしょうがなかったです。(連携した坂井洋の)踏み出しはもの凄かった。(脚の調子は)まぁまぁです。明日も精一杯、決勝目指して頑張ります」とレースを振り返った。

記事をシェアしよう

関連ニュース