競輪ニュース

山田久徳が2連勝で準決勝進出「良い展開になりました」/奈良G3

<奈良競輪場:春日賞争覇戦>◇G3◇12R S級二次予選◇12日

山田久徳(京都)が捲り切り、準決勝に駒を進めた。

昨年のグランプリ覇者・和田健太郎(千葉)ら南関勢に期待が集まった12R。前受けとなった大石剣士(静岡)が主導権を握り、一本棒の状態でレースが進む。最終2コーナーで3番手から山田が踏み出すと、そのまま捲り切り予選突破を決めた。

2連単は9番人気の2-1、2560円。3連単は35番人気の2-1-9、9460円という結果に。

▶動画:山田久徳が捲って準決勝に駒を進めた12R

2連勝で予選突破を決めた山田は、「出来すぎですね。基本的に中団中団で行こうと思っていたので、作戦通りです。南関勢が突っ張ったので良い展開になりました。展開が向いたので、終始(脚に)余裕がありました。決勝目指して頑張ります」とレースを振り返った。

記事をシェアしよう

関連ニュース