競輪ニュース

【取手競輪・G3・水戸黄門賞】坂井洋が差して初日特選を制す「キツかった」

<取手競輪場:水戸黄門賞>◇G1◇12R◇27日◇S級初日特選

坂井洋(栃木)が差し切り、初日特選を制した。

脇本雄太(福井)と郡司浩平(神奈川)が人気を二分した初日の目玉レース。打鐘とともに郡司が踏み出し、主導権を握る。最終バックストレッチで眞杉匠(栃木)が発進すると、そのスピードに乗った坂井が差し切った。

2連単は4番人気の4-9、1990円。3連単は70番人気の4-9-6、1万9740円と万車券決着に。

▶動画:坂井洋が差して初日特選を制した12R

差し切った坂井は、「(レースの組み立ては連携した)同県の眞杉(匠)君に任せた。最初から最後までハイスピードでキツかった。(眞杉が)強くて、(自分は)感触が悪いですね」とレースを振り返った。

また、「すごいキツかったので、しっかりケアをして明日もしっかり頑張ります」と意気込みを語った。

ウィンチケット編集部
WINTICKET(ウィンチケット)のコンテンツ編集チーム。初心者でも0からわかる記事を150本以上執筆した他、グレードレースを中心とした「WINTICKETニュース」、ABEMA 競輪・オートレースチャンネルでの番組の見どころをまとめたレポート記事の執筆を担当。

記事をシェアしよう

関連ニュース