競輪ニュース

【小松島競輪G3・阿波おどり杯争覇戦】小倉竜二が差して地元記念制覇に王手

<小松島競輪場:阿波おどり杯争覇戦>◇G3◇12R S級準決勝◇3日

小倉竜二(徳島)が差し切り、決勝進出を決めた。

初日特選を制した地元の小倉に人気が集まった最後の準決勝。打鐘とともに太田竜馬(徳島)が踏み出すと、人気の四国勢が主導権を握る。最後の直線で村上博幸(京都)も迫ってくるもあと一歩及ばず、番手で脚を溜めていた小倉が冷静に差し切り、人気に応えた。

四国勢が上位を独占したことで、2車単は3番人気の7−4、1120円。3連単は4番人気の7−4−1、1740円と人気決着に。

▶動画:小倉竜二が差して決勝に進んだ12R

地元ファンの期待に応えた小倉は、「(連携した太田竜馬は)1周半ぐらいやったら行ける(脚が持つ)自信があるんじゃないですかね。(太田は)並走から捲っていくだろうなと。並走でも休んでいる感じがしました。普通だったら出切れずに終わるが、(走りが)違いますね。さすがに長い距離を行ったので、(最終)3コーナー過ぎから(太田は)キツそうでした。展開が向いたら(優勝の)チャンスがあると思います。決勝戦、徳島3人揃ったので誰が優勝できるように頑張ります」と地元記念への意気込みを語った。

ウィンチケット編集部
WINTICKET(ウィンチケット)のコンテンツ編集チーム。初心者でも0からわかる記事を150本以上執筆した他、グレードレースを中心とした「WINTICKETニュース」、ABEMA 競輪・オートレースチャンネルでの番組の見どころをまとめたレポート記事の執筆を担当。

記事をシェアしよう

関連ニュース

,