競輪ニュース

岩本俊介が捲って決勝進出「落ち着いて組み立てました」/名古屋F1

<名古屋競輪場:スポーツ報知杯・味仙カップ>F1◇12R準決勝◇2日

岩本俊介(千葉)が捲り切り、人気に応えて決勝に駒を進めた。

岩本ら南関勢に期待が集まった最後の準決勝。打鐘前、小森貴大(福井)が踏み出して主導権を握ると、一本棒の状態でレースが進む。最終2コーナー、5番手から人気の岩本が踏み出すとあっという間に捲り切り、人気の南関勢が上位独占をする結果に。

2車単は7−4、150円。3連単は7−4−3、420円とともに1番人気の本命決着となった。

【動画】岩本俊介が捲り切り決勝進出を決めた12R

圧倒的な走りで捲り切った岩本は、「(前に)出るだけ出てみて駄目だったら後ろになってしまうが、後ろ攻めで1回押さえても5番手にはなるだろうなと。そこからは落ち着いて(レースを)組み立てました。想定したレース展開だったが、それも厳しいなと思っていたので乗り越えられて良かったです。(ラインで上位独占したが)9車立てならそれで(3人とも決勝に進めるので)OKだが、7車立てなので複雑なところもあります。世の中(コロナ禍で)大変な状況ですが、(感染者数も)落ち着いてきたので少しずつ競輪も復活していくと思います。お客さんがいないとやっぱり寂しいので、終息したらみんなで競輪をやりましょう!」とファンにメッセージを送った。

ウィンチケット編集部
WINTICKET(ウィンチケット)のコンテンツ編集チーム。初心者でも0からわかる記事を150本以上執筆した他、グレードレースを中心とした「WINTICKETニュース」、ABEMA 競輪・オートレースチャンネルでの番組の見どころをまとめたレポート記事の執筆を担当。

記事をシェアしよう

関連ニュース

,