競輪ニュース

吉田拓矢が差してG3初制覇「次は自力で記念を取れたら」/佐世保G3

<佐世保競輪場:九十九島賞争奪戦>◇G3◇12R S級決勝◇20日

吉田拓矢(茨城)がゴール直前で差し切り、嬉しいG3初制覇を果たした。

無傷の3連勝で決勝に進んだ地元・山崎賢人(長崎)に人気が集まった決勝戦。打鐘とともに東北のスピードスター・新山響平(青森)が捲って先頭へ。人気の山崎は8番手で脚を溜めながらチャンスを伺う。最終2コーナーで山崎が発進するも、神山拓弥(栃木)が村上義弘(京都)をブロック。押し上げられた村上に接触して山崎が落車するアクシデントが。また山崎に巻き込まれて山口泰生(岐阜)も続けて落車。後方でアクシデントが起こる中、ゴール直前で冷静に差し切った吉田が記念初制覇を果たした。

3着に入線した神山拓弥(栃木)は押し上げにより失格になったため、人気を落としていた須永優太(福島)が繰り上がることに。さらに人気を集めていた山崎が落車したこともあり、2連単は9番人気の2−9、2520円。3連単は95番人気の2−9−6、3万4590円と波乱の結果に。

▶動画:吉田拓矢がG3初制覇をした12R

G3初優勝となった吉田は、「素直に嬉しいです。相手がみんな強かったので、とりあえず前々に攻めることだけ考えた。(後方からの勝負になったのは)想定外だったが、前に出てから考えようと。とりあえず3番手を確保してそこから考えようと思って走った。新山(響平)さんの掛かりが良くて、ゴール勝負になったのがさすが新山さんでした。前回落車してどうなるかと思ったが、何とかここまでたどり着けて本当に嬉しい。今回は自分の納得のいく形での勝利ではないので、次は自力で記念を取れたら。そしてG1戦線でも決勝に乗って良い勝負したいですね」と今後の意気込みを語った。

ウィンチケット編集部
WINTICKET(ウィンチケット)のコンテンツ編集チーム。初心者でも0からわかる記事を150本以上執筆した他、グレードレースを中心とした「WINTICKETニュース」、ABEMA 競輪・オートレースチャンネルでの番組の見どころをまとめたレポート記事の執筆を担当。

記事をシェアしよう

関連ニュース

,