競輪ニュース

人気の浅井康太が差し切って決勝進出「しっかり対応できた」/和歌山G3

<和歌山競輪場:岸和田キング争覇戦in和歌山>G3◇10R S級準決勝◇11日

今年からWINTICKETがサポートすることになった浅井康太(三重)が差し切り、決勝進出を果たした。

浅井と松浦悠士(広島)が人気を集めた最初の準決勝。打鐘とともに川口聖二(岐阜)が踏み出してレースをリード。後方を走っていた中村圭志(熊本)が落車するアクシデントが発生する中、最終バックストレッチで松浦が発進すると、2番手を走っていた浅井が冷静にブロック。そのままゴール直前で差し切り、最初の決勝の切符をもぎ取った。

2車単は1番人気の7-3、260円。3連単は9番人気の7-3-6、2810円と人気サイドの決着に。

【動画】浅井康太が差して決勝進出を果たした10R

人気に応えた浅井は、「すべて川口(聖二)くんに任せて、自分は番手を走ると決めていた。昨日の感じで行けばラインで決められる、もしくは自分が1着を狙えると思った。川口くんが押さえた時に、松浦(悠士)くんが余裕のある感じだったので早めに来るかなと考えていたので、しっかり対応できたと思います。初日に比べて今日は(脚の)感触も良くて明日に繋がると思います」とレースを振り返った。

記事をシェアしよう

関連ニュース