競輪ニュース

守澤太志が差して決勝へ「SS班、北日本代表として悔いのないように」/川崎G1

<川崎競輪場:読売新聞社杯全日本選抜競輪>◇G1◇12R S級準決勝◇22日

守澤太志(秋田)が差し切って、決勝へ駒を進めた。

地元のエース・郡司に期待が集まった最後の準決勝。打鐘とともに山田英明(佐賀)が踏み出すも、高橋晋也(福島)もすかさず発進し主導権を奪う。最終2コーナーで人気の郡司が捲りに出るも、守澤のけん制もあり捲り切れず。ゴール直前、番手で脚を溜めていた守澤が冷静に差し切り、決勝進出を決めた。

人気の郡司が2着に敗れたことで、2車単は6番人気の1-2、1870円。3連単は77番人気の1-2-5、2万7880円と高配当決着に。

▶動画:守澤太志が差して決勝進出を決めた12R

S級S班としての意地を見せた守澤は、「(連携した)高橋(晋也)君が良いレースをしてくれたのに、2人で勝ち上がれなくて申し訳ない。2車(ライン)だったので無理やりでも郡司(浩平)君を止められたと思うが、僕の判断ミスでしたね。脚は余裕があって良かったが、晋也君と上がれなかったのが残念。(北日本勢が)1人になってしまったので、この後に作戦を考えます。S級S班という立場になって最初のG1決勝なので、結果を出すことを目標にしている。決勝もSS班、北日本代表として悔いのないように頑張ります」と意気込みを語った。

記事をシェアしよう

関連ニュース