競輪ニュース

【岸和田競輪G1・高松宮記念杯競輪】宿口陽一がG1初優勝「夢なんじゃないか」

<岸和田競輪場:高松宮記念杯競輪>◇G1◇12R S級決勝◇20日

宿口陽一(埼玉)が差し切り、嬉しいG1初優勝を飾った。

清水裕友(山口)に期待が集まった決勝戦。打鐘とともに松浦悠士(広島)が踏み出し、主導権を握る。最終バックストレッチで単騎の山崎賢人(長崎)が発進すると、吉田拓矢(茨城)が山﨑のマークへ。最後の直線、吉田のスピードに乗った宿口が差し切り、嬉しいG1初優勝を決めた。

人気の清水が着外に破れたことで、2車単は20番人気の8−5、6190円。3連単は175番人気の8−5−9、5万8660円と高配当決着に。

▶動画:宿口陽一がG1初優勝を飾った12R

G1初決勝にしてタイトルホルダーの仲間入りを果たした宿口は、「夢なんじゃないかなと思っている。すごい緊張したが、吉田(拓矢)君の頑張りに尽きる。無我夢中で(連携した)吉田君の連携を外さないことだけ考えて走った。すごい力が入っていたので、1着でゴール出来ると思っていなかったが、(優勝は)すごく嬉しい。いまだに信じられない。僕には(高松宮記念杯のタイトルは)重すぎる。(優勝報告は)普段からお世話になっている平原(康多)さんなどに伝えたい。直近の練習で調子が良かった。平原さんが欠場したが、今度は(ビッグレースで)平原さんと走ってワンツーを決めたい。これからも一走一走頑張るので応援お願いします」とメッセージを送った。

ウィンチケット編集部
WINTICKET(ウィンチケット)のコンテンツ編集チーム。初心者でも0からわかる記事を150本以上執筆した他、グレードレースを中心とした「WINTICKETニュース」、ABEMA 競輪・オートレースチャンネルでの番組の見どころをまとめたレポート記事の執筆を担当。

記事をシェアしよう

関連ニュース

,