競輪ニュース

【別府競輪G3・オランダ王国友好杯】郡司浩平が2連勝で準決勝進出「出来過ぎ」

<別府競輪場:オランダ王国友好杯>◇G3◇11R S級二次予選◇6日

郡司浩平(神奈川)が捲り切り、2連勝で準決勝に駒を進めた。

初日特選を制した郡司が人気を集めた11R。打鐘とともに林大悟(福岡)が踏み出して先頭に立ち、主導権を握る。最終周回、人気の郡司が発進するもライン3番手の金成和幸(福島)はラインが千切れる結果に。最後の直線、宮本隼輔(山口)が外から迫るも郡司が振り切った。3着は写真判定の末、柏野智典(岡山)が入り準決勝の切符をもぎ取った。

2車単は4番人気の7−2、1430円。3連単は10番人気の7−2−5、3110円と人気決着に。

▶動画:郡司浩平が2連勝で準決勝に駒を進めた11R

2連勝で人気に応えた郡司は、「(前受けとなったが)流れ的には受けて立つ立場になると思っていたので、立て直してから行けるところから行こうと思っていた。しっかり仕掛けられているし、最後まで踏めているので(脚の)状態は良いと思う。昨日といい、自分が思っている以上に出来過ぎな部分もあるが、その分(脚の)調子が良いのかなと思う。しっかり準決勝も1着を取れるように、優勝出来るように頑張ります」と意気込みを語った。

ウィンチケット編集部
WINTICKET(ウィンチケット)のコンテンツ編集チーム。初心者でも0からわかる記事を150本以上執筆した他、グレードレースを中心とした「WINTICKETニュース」、ABEMA 競輪・オートレースチャンネルでの番組の見どころをまとめたレポート記事の執筆を担当。

記事をシェアしよう

関連ニュース

,