競輪ニュース

【広島競輪F2・全プロ記念競輪】古性優作が差し切り25万車券を提供

<広島競輪場:全プロ記念競輪>◇F2◇11R S級優秀◇29日

古性優作(大阪)が差し切り、25万車券を提供した。

平原康多(埼玉)と清水裕友(山口)が人気を二分した2つめのS級優秀。打鐘とともに吉田拓矢(茨城)が踏み出して主導権を握る。最終周回、後方から岩本俊介(千葉)が発進すると一本棒の状態でレースが進む。最後の直線で4番手から踏み出した古性が差し切り、SPR賞進出を決めた。

10Rに続き人気を集めたS級S班の2選手が着外に破れたことで、2車単は35番人気の2-8、1万2740円。3連単は372番人気の2-8-7、25万1290円とW万車券決着となった。

▶動画:古性優作が差して25万車券を提供した11R

混戦を制した古性は、「ずっとタテ(自力)で走れていたのですが、たまには(ヨコの走りも)いいかなと。力勝負しようと思ったが、ああいう展開だったので。明日も応援してもらえるように頑張ります」とメッセージを送った。

ウィンチケット編集部
WINTICKET(ウィンチケット)のコンテンツ編集チーム。初心者でも0からわかる記事を150本以上執筆した他、グレードレースを中心とした「WINTICKETニュース」、ABEMA 競輪・オートレースチャンネルでの番組の見どころをまとめたレポート記事の執筆を担当。

記事をシェアしよう

関連ニュース

,